スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
料理長の誕生日当日
夕べは料理長がサッカーから帰ってくる前に、少しかzebraの組み立てを進めようと思っていたのに、家に着いてみると脱走犯(飼い犬:アッシュ)が襖をバリバリにかじって木屑やらシッコやらで、その後の片付けに1時間ほどかかる。 ああ・・・なんて無駄な時間なんだろう、と嘆きつつも料理長いないし、床に撒き散らされたシッコをそのままにするわけにもいかず。

やっと落ち着いて、料理長が作っておいてくれた鳥手羽のトマト煮で小腹を埋める。 肝心のzebraの組み立ては2辺を糊付けしただけという超スローペースな進み具合。 連休に実家へ帰省する時に持って帰って妹に見せる約束をしたので、それまでには完成させないと。 きっとそのまま妹にあげてきてしまう予感大なので、先日またPHaT PHOTOを買い足したところです。 PHaT PHOTOのサイトで編集部の日記を読んだら、今回の号は既に発売元も編集部も在庫が無いみたいです。 売れに売れているようです、ピンホール好きの方は大抵2冊以上買っているみたいですし、私もだけど。 

ところで職場の近くにあるビレッジバンガードには、このPHaT PHOTOがきっとあるだろうと思い買いに行ってみると、なんと売り切れではなくて「置いていない」と言う。 普通の小さい書店ならば置いていないのも解るけれど、ビレッジバンガードで売らなくてどこで売る?と私は思うのだけど。 きっと街中のお店ならばあるのだろうけど、中心部から離れた地域にある、たとえビレッジバンガードでさえも売っていないなんて、さすが北海道です。 店員さんにやる気が無いだけなのかもしれないけど。

誕生日当日なのに、ケーキだけのお祝いなんてチョットさみしい?
050430-5.jpg
33歳オメデトウ!

050430-3.jpg
プレゼントはシェーバー

料理長は自分で食べたいからとカニを買ってきていたけれど、解凍が間に合わず翌日へ持ち越し <残念でした! 時間も遅かったので、お風呂に入っただけで私はすでに恐ろしい睡魔に襲われる。 ということで、まったく相方の誕生日とは思えないほど普通に一日が終わる。ゴメンよ。

明日から連休ですー、5連休なんて嬉しいっス♪ とは言え、まだサクラも咲いていないので花見という雰囲気でもないし、木々はまだ萌えていないのでアウトドア!という感じでもない。 料理長も私も、めいめいに実家へ帰省するという、なんとも華の無い連休になりそうだけど、それはそれでいいかな。 なかなか実家へも帰れないしね普段は。
スポンサーサイト
前夜祭
050428.jpg

仕事では模型作りが大詰めだったので、チャッチャと完成までこぎつける。このあとまだ2棟ほどあるので、そうゆっくりもしていられないし。 いくら仕事とは言え作り飽きた感のある住宅模型だけど、やっぱり完成はそれはそれで嬉しい。

帰りは料理長に途中で車で拾ってもらい、新しくできたけどゼンゼン行っていなかったコーチャンフォー(大型書店)に行く。 欲しい本がきっとそこしかないだろうということで、わざわざ行ったのだけど、スゴイ広くて本好きにはたまらーん♪ 体力の続く限り何時間でも過ごせそうなスポットです。 昨日はもう時間も遅くてお腹も空いていたので、目的の本を買ってスグに撤収。

夜は料理長の誕生日前夜祭ということで、料理長が職場から貰ってきたイチゴと私が用意したシャンパンでお祝い。 このイチゴ、本当に甘くて美味しかった!しあわせ~♪ 二人してシャンパンをいつもよりぐいぐい飲んでソファーで爆睡。 気付いたら2時でした( ̄▽ ̄*)。 1本も空けていないのに弱すぎ二人とも。 誕生日当日は料理長の帰宅が遅いのでどうやら宅配ピザになるモヨウ。 そして日中は仕事です私は。
物欲大魔王よ再び
PHAT Photoの付録のzebraをセッセコと組み立てています。 工程がたくさんあるけれど、急がないでゆっくり少しずつやれば、なんとかなりそうです。 まだ組み立て途中だけれど、このzebraを使ってとっても綺麗に撮っちゃっている方もおられるので、結構楽しみです。 というか、撮る人間のセンス次第だってことは百も承知ですヨ、ええまったく。

そんなピンホールカメラ作りに勤しんでいるかと思えば、実は心はCANON IXY DIGITAL 600でいっぱい、もう満杯。( ̄▽ ̄*)

Canon IXY DIGITAL 600
Canon IXY DIGITAL 600


価格.comを毎日のように見てしまうくらい、カタログをツマミにお酒を飲めてしまうくらい、心は捕われてしまっています。 価格.comでのランキングはFUJI FinePix F10がトップですが、ちゃーんと2位にはCANON IXY DIGITAL 600が君臨しております。 最初はF10と迷ったのだけど、F10とIXY600とPanasonicFX7の画像サンプル比較のページを見たら、CANONの画像が一番好みだったのです。 FX7も、あのアユのサイボーグのような不自然な体型ばかりが印象に残る擦り込み型CMのおかげと、手ブレ補正が気になったのとで候補にはあったのだけど、比較サンプル画像を見てスグに却下でした。 コレは好みの問題もあるので、FX7がよい人も当然いるでしょうけど、私はダメかな。

ああ、どうしよう。 夏ボが出るかどうかもわからないのに、夏ボ払いで買ってしまおうか、などと悪魔が横で囁いている(ような気がする)。 というか、車買うための頭金はどうなったんだ?>自分。

Canon IXY DIGITAL 600


ああ、でもやっぱり欲しい(意味無く大きくしてみる)
Canon IXY DIGITAL 600



FUJIFILM FinePix F10 デジタルカメラ Panasonic LUMIX FX7 グロスブラック DMC-FX7-K
茶色の風景
050427-2.jpg

ちょっと暖かくなりました、やっと10度を超える気温に。 4月になってもぜんぜん気温が上がらなかったせいか、草木の生長も遅いです。 街路樹はようやく新芽をふくらませ始めたところで、新緑の季節にはまだ2・3週間かかりそうですヨ。 今は、針葉樹の濃いグリーン以外は茶色な風景です、サミシイ。

さて、あさって29日は料理長の誕生日なのですが、当初、本人がサッカーに出かけるというので「なぬぅ・・・?」という感じだったのだけど、それも夜だけということでまぁいっかと思い直していました。 自分の誕生日に自分の好きなことができれば、それはそれで楽しいでしょうしね、私と一日中一緒にいなければならないという決まりは無いし。 ところが今度は私が仕事になってしまい、ちょっと申し訳ないモード。 祝日だから休んで休めないことは無いのだけど、29日に出勤すれば2日に代休とれて1日から5日まで5連休にできるし、翌日30日に契約を取り交わす物件もあり、私以外のスタッフは全員出勤することになっている。 ひとりだけ休むなんて!なんつー気弱な私でもなく、正直そんなこと気にせずに休めるタイプですが、今回は嫌な感じの飛び石休暇が5連休になるという誘惑に負けてしまいましてん。

そのかわり、料理長のリクエストは聞いてメニューは作るつもり。 29日その日は料理長本人がサッカーから帰るのが遅いらしいので、翌日にでもね。 まー、リクエストいただいて何でも上手に作れるほど料理の腕があるわけでもないのだけど、あくまでも気持ちが大事ってことで( ̄▽ ̄*)。

ちょっと暖かくなると庭の手入れを無性にしたくなるー。 去年の枯葉よけて肥料やって・・・雪が解けたら融けたで休日にやりたいことが増えて大変!
本ばかり買う
今発売中のPhatPhotoにはzebraという名のピンホールカメラが付録で付いていますね。 前号を買っていたのに予告にあったかな?と思いつつも、他サイトでそれを知って早速ゲット。 紙製の組み立て式とは言えどもSHARAN製ということなので念のため2冊買い、付録を取って余分な1冊は妹へ送りつけました。 妹もカメラや写真が好きな方なので、きっと喜ぶよ付録ついてないけど( ̄▽ ̄*)。

このピンホールカメラの作り方をチラっと見たら、工程がたくさんあって結構大変そう。 気合入れて作らなければ。 ところで最近のPhatPhotoの内容には個人的にあまり魅力を感じなくなってしまったのだけどナゼだろう? 写真に興味薄れた!?と自問してみるけれど、そうでもないしなー、なんでだろう。 まだカメラ日和のほうが楽しんで見れるような気がする。 単に飽きたのかな。
※PhatPhotoのサイトを見て気付いたヨ、この雑誌のターゲットはどうやら20代女性らしい。そうか、そういうことか。

今月はたぶん雑誌や本だけに1万円くらいは使っているモヨウ。 しかも仕事系ではなくて殆ど趣味系の本ばかり。 仕事系の本ならば「ウム・・・仕方ないか」と思えるけれどね、ちょい買いすぎですな。 私が通っている美容室の美容師さんは、1ヶ月に何十冊も本を買うらしいです、月に2回大型書店に行ってカゴ持って店内を練り歩くらしいです。 そのかわり、どんな話しをしてもよくなんでも知っているし話題にこと欠かないのはサスガです。 ブランドの洋服やバックを買いあさるわけでもなく、夜な夜な飲み歩くわけでもないので、多めに本を買うくらいカワイイモノと思うのだけど。 だけど、この分だと私の中の辞書の『貯蓄』という文字は薄くなっていく一方デス、消えかかっています。(T-T)
森彦
050424-6.jpg

050424-5.jpg

ようやく晴れの休日でした。 きっと行こうと決めて出掛けたのが『森彦』札幌のカフェ好きさんには言わずと知れた存在でしょう。 以前から行きたい行きたいと思っていたので、円山かいわいを散歩がてらね。

行きのバスは乗ると私ひとりで貸切り状態でなんだか得した気分、ムフ。 ちょっと円山あたりをぶらついて、森彦を見つけたので入る。 初めてのカフェはちょっと入りにくいのだけど、がんばった。

お店の中はウワサどおり?よい感じで、一人なのになーんだか落ち着く雰囲気。 いつまでもそこにいたい気分でした。 2階の席からは窓の外に緑も見え、スズメも飛んできていたりしてね。 ちょっとすごいなと思ったのは、窓ガラスがぴっかぴかに磨かれていたことです。 もしかしたらたまたまその日の朝、磨いただけなのかもしれないけれど、いつもあんな風にピカピカなら気持ちよいなぁと思った。 古い民家を改装してのお店だから、窓ガラスくらい多少汚れていても気にならない雰囲気ではあるけれど、店内もキチンと掃除が行き届いていて、窓辺のディスプレイなんかもさり気なくかわいかったです。

ちょうどデジカメのバッテリーが切れてしまって、音無く撮影することができなかったので、ちょっと消化不良ですが。 フィルムカメラは持っていたのだけど結構大きな巻上げ音がするので、さすがに他のお客さんもいたので自粛しました。

『森彦』また行きたいです、きっと。
こういうカフェは、家からもっと近くにあったら嬉しいのに。
なかなか何かのついでで寄れるような場所じゃないところがニクイわー。

帰りに前から気になっていたHPSというメーカーの靴を買う。 茶の革靴は1足欲しかったので、これで満足♪ どうも足のツボを刺激する中敷がウリらしいのだけど、慣れるまで長時間歩いたら辛そうかも。

050424.jpg
寒いのでカレー
050423-1.jpg

050423-2.jpg

050423-3.jpg

もう基礎工事が始まっているのに、突然お客さまがやると言い出してこの寒い中の地鎮祭でした。 通常、社長をはじめ工事業者さんも参加する地鎮祭だけど、今回は担当設計士 I さんと私の二人だけの参加で、お施主側3名とで激しくこじんまりと行われました。 なにが大変て、準備がね。 祭壇は神主さんが設置してくれるのだけど、4隅の竹を立てたり縄を張ったりというのは I さんがせっせこ寒い中行う。 さすがに私も車の中で見てるわけにもいかず、ちょっとだけ手伝う、寒い!この時期なのに雨と風で恐ろしく寒いです。 終わってからお施主さまが I さんに言っているのが聞こえたのだけど「地鎮祭って結構準備が大変なんですね」って、あなたも手伝いなさいよっ!とは私の心の叫び。 自分の家の地鎮祭なのに、すべてコチラ任せなお施主さま。 ハウスメーカーで建てる家ならばそういうイベントもお任せなのだろうけど、うちの会社ではそういうことはお施主さま主導でやってもらわないと困るんですけどね。 最近そういう風に勘違いしているお施主さまが多いです、キケンです。

そんなこんなで寒い中での地鎮祭も終わり、I さんと車で移動。 ちょうどお昼だったので、ラーメン食よう!ということになったのだけど、話しはその行く先にあるスープカレーのお店の事になり、結局お昼はスープカレーということに。 (たぶん)厚別区の札幌新道の近くにある『ベス』というお店。 初めて入るそのお店は、外見はぜんぜんお客が入っている様子はないのに、中に入ると結構いっぱい。 私は定番チキンとベジタブルで、I さんは厚切りベーコンを注文。 味は、まぁ『普通』というところでしょうか。 I さんの厚切りベーコンが本当に厚くて美味しそうでした、今度もし行ったら注文しよう。

最近、仕事で外食といえばスープカレーかラーメンというパターンが多いね。 まぁ好きだからいいんですけど。
長く見えるように
昨日はなーんだか一日中バタバタ。 社長の奥さんから、社長の自宅のパソコンにソフトをインストールして欲しいと頼まれて、午前中はずっとそれで外出。 今の職場で働いて4年目になるけれど、初めて社長の自宅におじゃましましたよ。 なんか、イロイロと感想はあるけれど、思いのほかマトモだったなという感じ。 社長や社長の奥さんは、事務所でのゴミ捨てや整理整頓が全然ダメダメで、日頃わたしは「自宅は一体どんなんなっているんだろう」とチョット興味があったのですが、ゴミの山という訳ではなかったです、予想に反して。<どんな予想だ

それで事務所に戻ってから、職場の買い物がてら最近職場近くで買ったパンツを丈詰めに出す。 試着室で履いてみて丈を決めるのに、どうして店員さんはいつも短めで折り曲げるのだろうか? 明らかにその丈に詰めたら『つんつるてん』だろうと思われるのに「これくらいでいかがですか?」なんて自信満々に聞いてくる。 それで私が「もう少し長めにしてください」と言うと「引きずりますよ」とか言って納得行かない様子。 いや・・・履きジワが付いていない状態でパンツの丈を決めて、過去に何度も何度も失敗していますから私。 だから今回もひとまず丈を詰めないままで買って2・3回洗ってみてそれでも縮まないで長かったら丈詰めすることにしたのです。 パンツの丈って足が長く見えるか短く見えるかの重要なポイントですから、どんなに気に入って買ったパンツも、丈詰めの段階で希望より短くなっちゃうと、もう履く気がしないしヽ(´Д`)/。

そこの店員さんも言っていたけど、昔ほど洗って縮むパンツは少なくなったみたいですね。 今回私が買ったパンツも全然縮まなかったですもん。 それに、もともとの丈も昔はレディースなんて短くて履けなかったのに、最近ではレディースでも長く作られていて丈詰めできるのが嬉しいです。 身長あるとコレが悩みの種だったのね。 だんだんと欧米化して体型が変わって、若い人たちの足が長くなったのもあるだろうけど、ファッションとしてヒールを履くということも考慮されているのかもね。 私の足が縮んだのかと勘違いするところだったよ、ハハ。
お祝い返し
DSC02324-s.jpg


妹から届きました、姪の入園祝いのお祝い返しらしいです。
お祝い返しって、なかなか使えないものをたまにいただくことがあるのだけど、かえってこういう現実的なものの方が私が喜ぶ、と彼女はよく知っている。 ここには写していませんがシルクの下着も1枚添付されていました、サスガに写せませんそういうサイトじゃないです。<だれも思わないよ

それにしても、この靴下の派手さって、どうしたものかね。 しかもまともなのがブルーの1足だけで、あとは五本指ソックスと和がらだしヽ(´Д`)/。 まぁ、休みの出掛ける予定の無い日に家の中で履かせていただくとします。 届いて箱を開けたとき、靴下が3足詰まっているのを見て料理長は、「きっとどれか1足は五本指ソックスに違いない」と察知したらしいです。 それくらい、妹+靴下=五本指ソックスという図式が成り立つほど、彼女は五本指ソックスを気に入っているらしいです。 冬は本当に暖かいしね。

これだけたくさんの色柄が出ている五本指ソックスも、やっぱりまだ認知度は低く、年配者には「水虫?」などと思われるのがちょっとカナシイですけど。
連休を思う
もうすぐゴールデンウイークですが、10連休なんていう大型連休が取れる方もいるようですね、ウラヤマシイ。 漠然とは「もうすぐ連休だね」と思っていて、先日ふと暦を見たら、なんてことはない土曜休みじゃない私は単なる3連休ですから。 まぁ、日頃ぜんぜん連休が無いので3連休でも嬉しいのは確かですけどね。

今年こそはどこかに旅行に行くぞー!って意気込んでいたのだけど、諸事情により見送りました。(T-T) 年内には行きたいなぁ、沖縄。<既に限定しているモヨウ

DSC02311.jpg
コレは最近お気に入りの『トーストハニー/レモン
化粧品を注文している山田養蜂場のもので、たまたま買ってみたのが美味しかったのです! 甘ったるいジャムはあまり好きではないので、コレがきてからトーストには欠かせません。 ハチミツ好きにはたまらーん♪なんたって殆どハチミツ味ですから。
セカンドオピニオン
たとえば、長く1つの病院にかかっている場合、他の病院でも診てもらいたいな、と思ったことはないでしょうか。 今回、正規にセカンドオピニオンの形を取ったわけではないのだけど、これまでかかっていた病院とは別の病院で診てもらうことにしたのです。 前の先生には直接会ってその旨を伝えていないので私としては卑怯かなと感じていますが、なかなかお世話になった先生に「別の病院に行きます」と面と向かっては言えないです、悪い先生ではなかったですし。

ただ、今後の治療方法などで疑問も生まれ、知り合いに相談してみたところ、前の先生が進める治療法だけではない方法もあるということを知り、別の先生に診てもらうことにしたのです。 前の先生にも、きっともっとよく相談したら、別の治療方法を選択できたのかもしれないですけど。 新しい先生は前の先生に手紙を書いてくださるということなので、私のこれまでの資料は前の病院から受け継げられるみたいです。

今回の私の場合は、きっとセカンドオピニオンではなくて、単なる転院ということになると思います。 セカンドオピニオンとは、主治医と相談のもとに他の医師からの第二の意見を聞き、それに基づいて治療方針を決めていく、ということが正規のセカンドオピニオンということみたいです。 

自分の体のことを第一に考えると、今回の選択は仕方の無いことだと自分に言い聞かせているところですが、なんとなくまるで男女間の浮気のようなそんな後ろめたさ(経験はないけど)を強く感じてしまうのです。 きっと前の先生にも私の考えたことは判ってもらえると思うけれど。

知り合いから聞くところによると、病院によっては「セカンドオピニオンの相談承ります」というふうにキチンと院内に提示している病院もあるそうで、「他の病院でも診てもらいたい」と言えば、快くそれまでの診察内容の資料を持って他の病院へ行かせてもらえるということです。 そういうことを快くできる先生は、ある程度自分の診察に自信があって、患者にも医師を選択する権利があるとオープンに考える先生でしょうか。 場合によっては自分の提案していない、他の先生が提案した治療方法で進めることになるかもしれないのです。 逆にいえば、そういう先生じゃないとセカンドオピニオンは受け入れられにくいでしょうし、まだまだ患者が医師を選ぶという時代は遠いのかもしれません。

そして私は、やっぱり浮気者のような罪悪感に苛まれる今日この頃。
日付プリント?
DSC02313.jpg

結局また食べ物の話題って、平和な毎日なのかしらね。

卵のパックを開けてビックリ。

すごいー、卵に直に消費期限の日付がプリントされています。 確かに日付シールとか日付を表示した紙よりも、こっちのほうが便利といえば便利。 全ての卵がこうなるのだろうか。

そのうち「摂取しても安全なインク」なんかで、お肉や魚にまで消費期限や産地などが印字されちゃったりなんかしてね。 それはないか。
焼いてみた
雪はだいぶ融けましたが、なかなか暖かくならないです。 昨日もお休みでしたが寒いし天気も悪かったので、一歩も外に出ずに休日限定ひきこもりデス( ̄▽ ̄*)。

“何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ―超人気お菓子サイトたかこ@caramel milk teaさんの

本の著者たかこさんのサイト
caramel milk tea

先週、ブログ徘徊をしていて知った料理本は
”なんども試作してようやくたどりついた”
『ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ』です。
本の実際のタイトルは『ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ』で、”なんども~”はサブタイトルみたいです。 長いです。
その内容もさることながら表紙にヤラれてAMAZONで即買い。 この表紙、もし書店で出会っていたとしても即買いだったなと思えるほど、ストライクゾーンど真ん中。 中の他の写真も、特別すごいセッティングをしている訳ではないのだけど、美味しそうだしかわいいし見ているだけで和みます。 ちょうど家にいた昨日とどいたので、早速作ってみましたバターサブレ。

DSC02323.jpg

ちょっと見た目はイマイチなのだけど、おそらく私の人生史上最も上手にできたクッキーではないかね。 料理長も美味しいと食べてくれていたし。 クッキーのたぐいは上手にできたためしが無いので作る気がさらさら起きなかったのだけど、この本の表紙を見たら無性に作りたくなったのね。

お菓子作りって分量キッチリしないと成功しないし、神経使うので疲れるからあまり作らないのだけど。 たまに作るとそれはそれで楽しい。 もう1つ2つ作ってみたいレシピがあるのだけど、果たしてこの熱はそれまで続くのかどうかはギモン。
センスないよっ!
DSC02300-s.jpg

アクセス解析については、設置するかしないかについて賛否両論あるようですが、私も今のところはつけてみています。 コメントを残してくれる人以外は、どれくらいの人が見てくれているかを知るにはやっぱり便利です。 というかその数字って結構はげみになったりしますしね。

それがここ1ヶ月くらいから、更新しているわりにアクセス数が以前より少なくて「アレ?」と思っていたんです。 まぁ、そんなに人気BLOGでもないから(^-^;)その変化もたいしたものでもないのですが。 ホラ、励みですからなにはともあれ。

それが昨日やっと原因究明できました(たぶん)。 BLOGを借りているFC2側で1・2ヶ月前にURLの変更があり、どうやらそのせいでBlogPeopleからのPINGが飛んでいなかったみたいです。 正確なところは私もそのシステムを熟知しているわけではないから分からないけれどね。 ひとまず変更申請はしておいたので、様子見です。 コレでアクセス数が変わらなかったら笑うしかないねー、ナハハハ。

ところで昨日の帰りに乗ったバスは、どうやら新しいバスらしく、新車の匂いがプンプンしていました。 がっ!シートの柄がイケてないよぅ、なんだよぅ誰がこんな柄選ぶのー?信じられんヽ(´Д`)/。

たぶんね、たぶんだけどバスのシートって汚れやすいから、落ちなくなった汚れが目立たないように、こーんなド派手な柄になるのではないかな。 それとも少しでも『楽しい気分』を感じさせるため? いやでも、それにしても限度ってものがあるよね。 コレならまだ目がチカっても幾何学模様とかのほうがマシなのではないかね。

バスメーカーのシート生地の選択権をお持ちの方、それともバスを購入してから希望シート生地を貼る?ならば、バス会社のお偉いサンでしょうか、是非センスを磨いてください。 切にお願いいたします。 新しいバスに乗って気分良いのに、あのシートじゃガックシです。
ブームにのるカップ麺
DSC02298-s.jpg
札幌スパイシー
スープカレーラーメン<魅惑系>

最近メッキリ朝の時間に余裕が無く、お昼はカップ麺の日々デス。 いけませんね、カラダに悪いなーと思いつつ、ついそんな生活。 一応、野菜ジュースなども飲んでみたりはしているけれど、栄養は偏っているね確実に。

昨日のお昼はこの『スープカレーラーメン(魅惑系)』です。 どこらへんが『魅惑系』なのかは全く理解できませんでしたが、きっとパッケージのフォントがくるっとしているあたりでしょうか(^-^;)。 コレって東洋水産のサイトには紹介されていないのですが、もしや地域限定で発売されています? アンテナ? このドンブリ型の他に縦カップ型と焼きそばが発売されていて、3種を買ってみました。 料理長は既に全種を制覇したみたいですけど、それぞれが微妙に味付けなど違うらしいです。 私はまだコレ1つしか食べていませんけど。

味は薄いスープカレー味という感じで、普通のカレーラーメンとはまた少し違います。 ココナツミルクも入っているせいでしょうねきっと。 それにしても、スープカレー味の焼きソバって一体どうなんでしょう? 焼きそば弁当の塩味もまだ食べていないけれど、結局焼きソバはソースに収まると思うのだけど。
髪切った
050414.jpg
オールドアメリカン調な内装の美容室です

昨日は仕事が終わってから、はるばる大通りにある美容室までくりだす。 もう4・5ヶ月も美容室に行っていなくて、伸びきった髪は収拾がつかなくなっていたものだから、ここらでスキッとね。 長さはあまり変わらないけれど、ボリュームを抑えてもらってかなり扱いやすくなりました。 もっと早くに行けばよかったよ。

この美容室はもう4・5年くらい通っているかもな長いお付き合いで、わざわざ美容室のために時間かけて遠くまで行かなければならないことを考えると、職場の近くにだって美容室はあるのだけど。 それに今の美容師さんじゃないとダメなほど、私の髪型は特殊でもないのにさ。 最初の1・2回は思い通りにならないことを我慢すれば、他の美容室だって良いようなものだけど。 まぁ、でも気心知れているしね、私の髪質もスタイリングを面倒がる性格もわかってくれている(と思う)ので、ついつい行っちゃうのです。 

完全予約制で1人でやっているお店なので、大手の美容室みたいに色んな人に入れ替わり立ち代りで作業されることが無いから、それがすごく良い。 私、あの大手美容室のトップスタイリスト様様システムは、いまいち馴染めんのですよ。 あ、でも私の美容師さんも1人でお店やっているくらいだから腕はナカナカですよ。 自分の仕事にポリシー持って仕事してるしね。

帰りの地下鉄でウッカリ違う線に乗りそうになって、乗る直前に気付いて即座に移動。 ビックリしたー。 地下鉄乗り間違うのは久々です。 春の陽気?
裏(技)なんて言わず
050413.jpg

ゆうべの晩ご飯は手抜きの冷凍豆カレー。 やっぱり作りたてと違って水分が少なめでイケてない(>_<)。 ゆで卵をのせてなんとかゴマカシゴマカシ・・・。

ところでこのゆで卵。 以前から料理長が「卵の丸い方を少し割ってから茹でると綺麗にむけるよ」と言うにもかかわらず『生卵の殻を中身が出ないように割る』というプレッシャーが嫌で実践していませんでした。 コレって伊東家の裏技らしいので、知って実践している方は「なんだ今ごろ何言ってるのぅ」という感じでしょう。 私はあくまでもフツーに茹でて、そして冷水につけてむくという作業をカタクナに守っていたのだけど、あまりにむけない・・・本当にむけない。 もうヒドイときなんて、白身の3分の1も削げ落ちたんじゃないの?ってくらいボロボロになる。

それで一大決心?(オオゲサ)をして、料理長の助言に従ってみることにした。 料理長いわく、卵の丸い方には隙間があって薄皮さえ破れなければ中身は出てこないらしい。 しかもチョットの亀裂くらいじゃダメで、少し凹むくらい割らないと仕上がりは綺麗にならないらしいです。 言えば単純に、茹で中にこの割れ部分からお湯が中に入ってむけやすくなるということですね。

最初に殻を割るのも、慣れてくるとそれほど怖くなくなるので最近は難なくクリアできます、エヘン( ̄▽ ̄*)。 ワンランク上の技として、茹で上がった卵を空の鍋へ戻し、数回傾けて殻を薄皮に付いたままコナゴナにすると、より簡単にむけるのです。 コレをやりすぎるとかえって殻が飛散したりゆで卵本体に刺さったりと、面倒なことになるのでやりすぎは禁物です。 もう、ツルっとむけます面白いくらいに。 何個でも持ってこーい♪というカンジです。

これでゆで卵の殻むきはストレスフリーです、イエー♪
非日常な目線
f_plan17427.jpg


こちらのBLOGで紹介されていたのですが、この俯瞰(フカン)写真サイコーです。 「もっと拡大して見たいー!」とヤキモキしてしまいます。

家づくりに携わる仕事をしていると、設計図やらパースなどをお客様に提出し、打ち合わせに使うということは普通にあることなのだけど、この俯瞰だけはナカナカおいそれとは簡単には作れない。 いや、そういう仕事をしてくれる高価なソフトがあれば別ですけどね。 手描きで家一軒分を仕上げるのは、それは想像以上に大変な仕事です。 でも設計図を見慣れていない一般の方にはおそらくコレで間取り図を提出されるのが一番わかりやすいかも。

かく言う私は俯瞰パースを描けないのです。 以前パースを教えていただいていた先生には俯瞰パースを教えてくださいとお願いはしていたのだけど、そうこうしているうちにパース教室じたいが一時休止になってしまったので、実現していない。 この俯瞰パースが描けるようになったらどんなにスバラシイだろうかと思うのだけど、それくらい結構な気合がいる作業なはず。 少なくても私にとってはね。

それにしても、この作品は写真のように見えるけど、きっと、えらく手のかかったCGのような気がするのですが、英語サイトを攻略できませーん。

手描きパースがたくさん載っている妹尾河童さんの本は、以前ちかくの書店で探して無くてそのままになっていたので、今度こそは読もうと思う。
河童の手のうち幕の内
6時間耐久
DSC02284-s.jpg

DSC02287-s.jpg

DSC02292-s.jpg

土曜の夜は、仕事が終わるのを見計らって料理長が迎えにきてくれたので、ラマイでスープカレーを食べて帰る。 カレーは美味しかったけれど、隣の席に座っている人の香水が臭くて料理長とコソっと文句をたれていました。 カレー屋さんの中でまで匂いが消されない香水って、どんだけつけてるの?と思うけど、一緒にいる人は気にならないのかなー食事するのに。

日曜は朝からミゾレや雪が降っていて、カメラを持ってでかけるような天気でもなかったので、ここはキッパリと諦めて街に買い物へ。 昔は天気が悪いと買い物に出るのも嫌だったのに、時間を有効に使おうとすると、晴れた日はドライブや外でカメラ持って歩き回りたいので、天候に関係のない買い物やその他の用事は、雨が降っていても天気の悪い日に済ますようになりましたねー。 

ここ最近は、ゆっくりと時間を気にしないでショッピングというのがなかったので、久々に歩き回りましたよ思いのままに。 午前11時に家を出て料理長に車で地下鉄駅まで送ってもらい、それから夕方5時半に料理長の迎えの時まで、6時間くらいぶーらぶらしてました。

昨日は札幌駅周辺で買い物しようと決めて、姪の誕生日プレゼントやら自分の洋服やら靴やらを物色。 洋服はいろんなお店を見たわりには、ステラプレイスの1つのお店で6点買い。 私はあまりオシャレさんではないので、きっと10才くらいも年下と思われる店員さんをつかまえて、気に入ったブラウスやニットに合うキャミやカットソーを提案してもらうという方式。 日頃からファッション雑誌などで研究などぜんぜんしないタイプなので、こういう買い物がラクでいいです。( ̄▽ ̄*) それにそういう店員さんはある程度流行にも敏感だし、コーディネートが好きな人も多いだろうから「このブラウスに合いそうなキャミは?」とか聞いてみると、結構ノッて探してくれる。 何か洋服は買わなければならないのに、自分の欲しい洋服が決まっていない時は、こうやって店員さんの力を借りると、案外これまでの自分のスタイルとはまた違ったスタイルを提案されたりして、それもまた新鮮だったりもする。 

ブラウンの靴を買いたかったのだけど、なかなか欲しいのが無い。 1足だけ良いかなと思ったのはサイズの在庫が無いと言うし。 来週、近くを通りがかりそうなのでまた寄ってみることにして諦め。

遅いお昼はステラプレイスの上にあるタリーズコーヒーで、チリビーンズフォカッチャとアイスラテ。 窓際のカウンターは南へ向かう通りを見渡せてかなり爽快です、雨でなかったならば。 ラテはスタバより美味しいのでは?と思いました私は。 あまりスタバに行けてもいないので確かではないですけどね。 休日なのに空いているのもゆっくりできてグーでした、場所が悪いのかな。 また行くね、きっと。

今日から姪っ子が幼稚園児となって登園しているらしい。 下の子が一緒に行きたがって大変だったと妹からメールがあったけど、下の子にしてみたら今まで一緒に遊んでいたお姉ちゃんが突然この日を境に毎日どこかに行ってしまうのだから、可哀想といえば可哀想かも。 考えてみれば幼稚園児になるって、これまでの親兄弟親族の中の生活から一変して社会へ出るということだから、とてつもなく劇的な人生の節目よね。 本人はまだ小さくてその節目の重大さに気づいていないのが救いだけど、なんだか赤ちゃんだった姪っ子がだんだん成長していくのは、ちょっぴり寂しいよ伯母ちゃん(本人にはオバチャンとは呼ばせていない)。
NATURA雑感
感度1600なんて初めて使うよ

先日ちょっと駅前へ出たスキに買ってきました NATURA1600。 フィルムは冷蔵庫にゴッソリあるのに・・・でも、コレは持っているのとは違うから、ナンテ心の中で言い訳しつつ。

このフイルムは言わずと知れたFUJIFILMから発売されている『NATURA』という広角レンズ搭載のコンパクトカメラ用のフィルムです。 
このNATURAは24ミリ広角レンズでF1.9の明るいレンズという特性からか、なんとなーく『ピントの合った時のLC-A』に似た雰囲気の写真が撮れるようです。 『LC-Aに似た』という表現は適切ではないかもしれないけれど、少なくてもLC-Aの写りが好きな人はあの描写は嫌いではないハズ。

友達とも「使ってみたいね」とは話しているけれど、1600フイルムを装填しなければフラッシュは起動時に必ずオートになるらしいので、フラッシュ嫌いな私としてはもしNATURAを使うなら1600フイルムを専用で使う覚悟が必要。 フィルムの価格はそう高くはないからよいのだけど、コダックのポートラなどと比べたら全然お手ごろだしね。 ただ、1種のフイルム限定カメラというのもまたチョイ窮屈のような気がして、買うまでに至っていないのが正直なところ。

後から出たブラックは露出補正ができるというので、ヨドバシで触ってみたけれど、どこで補正調整するのかを探せなかった。 操作パネルやボタン配置が既存のモデルと全く同じだったように見えたのは私の見間違いカナ。 現物を触ってみた感想としては「ボディがもう少し薄くならないかなぁ」ということは思いましたけど。 Grの薄さに慣れてしまうと、あの厚みは手に余る感がありました。 私がFUJIの開発者ならリコーのGrやRシリーズを入手して、解体し中の仕組みや配置やレンズの収まりやらなにやらを徹底的に研究して薄さを追求するけどな。 そんなことはトウの昔からやっているとしたら、リコーがよっぽどの技術を持っていたか(実際、かなりの技術だったみたいですけど)、他メーカーがよっぽど研究開発に力を入れていないということよね。 もしGrのボディにNATURAのレンズが付いたカメラが発売されたら即買いですよ予約ものです。
 
それで、持っているGr1vにNATURA1600フイルムを装填して撮ってみたらどうだろうと、NATURAは持っていないのにフイルムだけ買ってみたのですよ。 やっと雪も解けてきて、ほっつき歩きができそうなので、昼夜明暗問わずに色んなシーンで撮ってみようと思う。 公開できそうなのが撮れたらPHOTOのページにアップしたいと思います。

ところで・・・
NATURAの公式サイトでWEBモニターを募集していたのは皆さんご存知ですね、どうやら1000件以上の申し込みがあったらしいですスゴイです。 私も「試しにダメもとで申し込んじゃえ」と申し込んでみましたが、やはりダメもとでした( ̄▽ ̄*)。 締め切った後にリベンジマッチなる敗者復活戦みたいなこともやっていたようですが、私にしてみれば一度「あなたのブログではダメ、貸せない」と断られたのに(実際はそんなにハッキリした断り文ではなく「お貸しするにはかなりの時間が・・・」という相当あいまいな文章でしたけどね^^;)、それでも再度募集しますから応募してください、今度はブログにコメント沢山貰えた人に貸しますよ、なんていくら無料で貸し出すからってユーザーを小馬鹿にしすぎじゃないのーと感じました私は。 他の人もそう感じたかどうかは分からないけれど、リベンジマッチは参加者が予想より少なかったみたいです。 この件に関しては他のBLOGでは誰も何もコメントしていないようで、きっと皆さん「無料で借りるのだからそんなもの」と考えているのでしょうか。 私はこのリベンジマッチの告知を読んだ時に「そんなに使いたかったら自分で買うよ」と思いましたけど。 私がひねくれているのでしょうねきっと。
ぐりこえほん
只今7冊、まだダブっていません!

見つけちゃいました買い物で行ったスーパーで。 グリコのオマケシリーズ『ぐりこえほん』。 最近、このテの印刷物やらミニブックやらが気になるので、つい手を出してしまいました。

ら・・・16種類もあるらしいです、イロイロなお話しが。 肝心の絵本の絵もカワイイし、見ていて楽しいです。 集めるよー、全種類。( ̄▽ ̄*)

このミニ絵本は MADE IN CHINA なのだけど、表紙のハードカバーは割と綺麗に製本されています。 以前、自分でも妹から送られてきた姪たちのケータイフォトを、ハードカバーの豆本にしたことがあったので、製本の仕上げを妙にマジマジと見てしまいました。

16冊全部並べたらナカナカ壮観だろうなー、ってササヤカな妄想。

自作豆本 中は携帯画像
刺激を受ける
050406-2.jpg

050406-1.jpg

050406-3.jpg

昨日はやっと気温が上がって、ようやく春♪というカンジでした。 午後から出掛ける予定があったので、一日仕事を休んで午前中はのんびり。 料理長に「サボリだ・・・」って言われたけどっ、いっつも土曜日も仕事に出てるのだから、たまには休ませてヨというカンジです。

のんびり、と書いた割にはあたたかくなったので玄関前の雪割したいモード炸裂してしまい、お昼前にわっせわっせと雪割をする。 この雪割って始めるとそこにある雪山すべてを崩したくなる。 さすがに全部は崩せないけれど玄関前はある程度スッキリです、おほほ。 去年までは「雪なんてほおっておけば融けるよ」と思っていたのに、今年はとにかく割りたい!割ってとっとと家の周りの雪山を無くしたい!と思うのです。 今回の大雪でよっぽど雪を見たくないと潜在的に感じているのかも( ̄▽ ̄*)。 キリが無いのでよいところでケリをつけて止めて家に入りお昼。 久々にオムライスを作ってみたけれど、やっぱり普通に失敗。 私が綺麗なオムライスを作れるのはいつの日だろう。 でも味は普通、食べられました。

午後からはホテルロイトンでのICの懇親会に出席。 この懇親会は今
年ICに合格した人のウエルカムパーティーでもあり、30名ちかくの合格者の皆さんも参加していました。 私が合格した年は知り合いが全くいなかったので、ウエルカムパーティーがあることは知っていたけれど怖くて参加できなかったのです。 それ以来一度も参加したことがなかったので今回は参加してみました、知り合いも増えたことですし安心して。

会は滞りなく終わり、ICの先輩のSさんと今年合格したCさんと3人
で、以前から行きましょーと言っていたチーズフォンデュの美味しいお店へ。 ワインを飲みながらたくさんお話しができて嬉しかったー。 ただひとつ、お目当てのチーズフォンデュがメニューから無くなっていたのは残念。 美味しかったのになぁ、ブルーチーズの入った少々臭めのチーズフォンデュ。
 
Cさんはお子さんが家で待っているということでここでサヨナラし、Sさんと私はさらに「飲み足し!」ということでSさんの行きつけのお店に。 毎回Sさんチョイスのお店は素敵なお店ばかりでサスガと思うのだけど、このときのバーも落ち着いた雰囲気でよいカンジです。 以前から素敵な女性だーと思っていたけれど、こういうお店でも注文するものが違うもの!「ホニャララ(ラム)をロックで」。 ちなみにホニャララというラムの名前は忘れました、ハイ。 ラムってバーボンとウイスキーとどう違うんですか?というくらい『茶色の液体』の区別がついていない私にとっては、超オトナの世界。 飲み物の注文に迷った私は結局彼女と同じものをお願いし、オトナの世界を堪能してみる。 おお、意外と飲めるものです、今度どこかでオトナぶって注文してみよう「ラムをロックで」なんつって( ̄▽ ̄*)。 サンザン食べた後で飲みのお店に行くと、大抵ビールなんかはお腹にきついし、でもカクテルというガラでもないし。 ワインでも美味しいワインを出すお店ならばそれも良いけど、ラムやバーボンをゆっくりと飲みながら話しをするというのは良いね。 うーん、ニューワールドをちょっと覗いてしまったカンジ。 Sさんにとってはなんでもない事かもしれないけれど、私の周りにはそういうお酒の飲み方をする人がいなかったので新鮮でしたー。

彼女も最近ブログを作ったらしく、先ほど早速覗いてみたのだけど、やっぱり刺激を受けますね。 ご主人ともども常日頃からインテリアや建築について関心をよせ、ICとしては当然なのかもしれないけれどお花を習ったり新しいお店めぐりをしたりと吸収を怠っていない。 私なんて織部焼きがどういう焼き物なのかすら判らないし、有名インテリアデザイナーのダレソレと言われてもピンと来ないし。 ダメだ・・・これでは全くもってシロウト同然じゃないの。 まずは届いたままで折り目すらついていない今月号の>『室内』をブヨブヨにしなければ。
週末クッキン
19時から作るごはん
19時から作るごはん


この本は以前にも紹介したことがあったのだけど、料理本にしては珍しく何度も開いている本です。 大抵この手の料理本は『買った事に満足』してしまい、最初は1・2品作るのだけど後はその存在すら忘れてしまうというのがいつのものことなのです私は。

この本を読むと「料理をしなきゃ」というプレッシャーから開放されます。 少なくても私はそうでした。 料理というものは数多有る食材を使い、日々違うメニューを作り、手間隙をかけて作るもの、というなんとなくそういうイメージを持っていたのだけど、そうじゃなくてもいいんだ、と気づかされます。 ここが基本で、それからバリエーションを利かせていくのだろうけど、私はまずこの本の料理をマスターしなければ。

仕事をしていて忙しい人だけでなく、料理がちょっと苦手という人も読んでみてはどうでしょ。 自分の中の料理に対する意識が変わるかも。

それで以前から作りたかったレシピ、豆カレーを作ってみました。 ちょっと辛さは足りなかったけれど、あとはナカナカ美味しくできましたヨ、よしよし。 
私の定番メニューになりそうです♪

DSC02239.jpg
ハムとお寿司
050403-21.jpg 050403-1.jpg

また行ってきました、日ハム戦。 先々週と今週と1週おきに野球観戦してる割に、本人はゼンゼン野球好きというのではないです、全く。 今回はチケットいただいたので行って来たというくらいで。

料理長の仕事が午前中に終わらなくて、ドームに着いたのが6回の表あたり。 なーんだか最初から見ないとテンションて上がらないものなのね、ビールすら飲む気にならず、かなり低いテンションで見ていましたけど。 でも、5対1で日ハムが勝ったのでよかった。 新庄は相変わらずサイボーグのような体型をしていましたヨ。( ̄▽ ̄*)

帰りのバス待ちでタップリ30分を無駄に過ごした後、気を取り直してヒサビサに回転寿司くーるくる。 店員さんはまだ慣れていないのか手際が悪かったのには残念だけれど、お寿司はウマウマでした♪ 画像は活ホッキとボタンエビ。 コレが一皿230円というのは安いよ、コレばっかり食べつづけてもいいくらいです。 ちなみにこのように有頭エビの場合、エビの頭を分解し中身(内臓?)まで食べるのがセオリーです、必須です。
サイトリニュ
4月ですから心機一転ということで、本サイトの引越しとリニューアルしてみました。 と言っても内容はさほど変わっていなく、タイトルとレイアウトを変えただけという手抜き工事ですが。 ついでにこのBLOGからも直接ページへ飛べるようにリンクも付けました(右上)。

ひとつ、ずっと作りたかったPHOTOGRAPHのページを新たに加え、個人的には満足むふふ。 あ、写真の内容に満足というのではないですよ、あくまで「ページを作ったこと」にです。 今回載せた写真はなんだかトーンが暗いデス、秋→冬にかけての写真だからというのもあるけれど、スキャナーの特性もあるのかも。 明るさ調整しないとキビシイかなぁ。

ヘタレ写真ですが少しずつアップしていこうと思っています。 自分的にはしばらくたって「最初はこんなにヘタレだった」という振り返りができるようにという意味合いも兼ねています。 ですんで、そのヘタレ具合に呆れても「ヘタクソ!ボケ!カス!」なんて感想はいりません、泣きます。 そういう場合は、静かにウインドウを閉じて見なかったことにしてください。

ところでリニューアルサイトはネスケで見ると一部レイアウトが乱れています、今のところ。 順次、修復していくつもりですが、その辺は長い目で見てやってくださいませ。
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。