スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じ本を読みました
昨日はウチには初めてという友達が、はるばる小樽から遊びに来てくれましたー。

お互いに仕事もあるし、家も遠いのでナカナカ会えないのだけど、やっぱり久々に友達と話しをするのはいいねー。 日頃つい料理長(彼)と職場の人という恐ろしく限られた人としか話しをしていないので、こうやって久々に友達と話しをすると生き返るわー。

というかね。
話しているうちに、その友達も最近「手帳を持とう」と思って来年の手帳を買ったという話しから、よく聞いてみるとナント私と同じ本を読んでいたのにはオドロキ~! 彼女はクマガイ式のシステム手帳用のセットを買ったらしいのだけど、ほぼ日手帳のことも知っていて、既に届いて手にしている私はここぞとばかりに見せびらかし~♪フフ。

二人して読んでいた本というのはコレ↓で、私も彼女と同じように手帳を持とうと思ったキッカケ本でした。

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法



その後に私が読んだ『ミリオネーゼの手帳術』も彼女は気になっていたみたいで、今ちょうど私が読んでいる本もオススメしちゃいました。

ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法
ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法



佐々木かをりの手帳術
佐々木かをりの手帳術



「3日坊主」でも使いこなせる手帳術 計画ナシ!で夢が実現するシンプルな方法
「3日坊主」でも使いこなせる手帳術 計画ナシ!で夢が実現するシンプルな方法



最近作った石けんのことやら手帳のことやらで、なんだか次から次へと本を持ってきては見せ持ってきては見せしてしまいましたヨ。

書店店員ですか?私( ̄▽ ̄*)。
スポンサーサイト
会社休んでいいですか?
おいでよ どうぶつの森

ただいまコレ↑に夢中です。
社長、お願いですから1週間くらい会社休んでいいですか?( ̄▽ ̄*)

『おいでよどうぶつの森』公式サイト
ほぼ日刊イトイ新聞の中の紹介ページ
また大学イモ


そしてまた大学イモを食べた休日。

今回は紫イモバージョンですが、
見た目がゼンゼン大学イモっぽくないです。

今回はちゃんと私が作りました、が・・・
ソースはからめるだけの市販のソースだったので、
やっぱり前回の料理長作の方が断然ウマーなのでした。

ちなみに調理前の紫イモの色鮮やかなこと、鹿児島出身の御三方。
IMG_1120.jpg
ココロ温まる
昨日の帰りの出来事。

帰り途中のターミナルには、出入り口に硝子扉が2つ設置されています。 北海道の冬はそうやって商業施設でさえも2重のバリヤーを張らなければ、1月2月の寒さをしのげませんから普通に見られる事なのです。

そこを私は両手に荷物を持って通り過ぎるべく歩いていましたら、ちょうど良いことに前を大学生風の男子が歩いています。 いつものように他力本願で彼が扉を開けて通った後をササッと付いて歩いて、第1の扉を通過。 よしよし、さて次の扉もお願いしますよ、と思いきや彼は、自分の後ろを忍者のごとく歩く私に気付き、チラを見るや次の扉を開けて私にどうぞと促してくれているではないの。

「前のヒトに着いて行ってラクしちゃえー」と姑息なことを考えていた手前、とっさの親切に「ありがとう(ニコ)<コレ重要」が出てこず小声で「スミマセン」と言えただけ。 イイトシして情けないデス。

家に帰って料理長にこの心温まる出来事を伝えると、「えー、両手に荷物持ったヒトに気付いたら普通にやらない?そういうこと」などとまるで私が極悪非道とばかりな言われ方をする。 そうよ、心温まった理由がわかったよ、私のココロが冷えていたんだよ、そうなんだよ。

こんなちょっとした事でさえもホンノリしちゃうあたり、自分自身はもしかしてそういうことが出来ていないからなんじゃないかと思ったり。 ヒトに対しての思いやりが欠けているのかもしれん。

自分自身の内面についても気付かされたけれど、でも最近は若者の非常識な行動ばかりが目に付いて、彼らには殺伐としたイメージしかなかったから、そんなご親切な彼との接触は余計にココロ温まったのだね。

世の中「マジムカツクー」とか「マジウケルンデスケド」なんて言っている人たちばかりじゃないのよね。
手作り石けん
石けん生活を始めてかれこれ5年くらいになるでしょうか。

その頃はまだ『無添加純石けん』はどこのお店でも買えるということではなく、決まったお店にしか無いような状況でした。 だけれど、合成洗剤に含まれる成分が良くないということを知った時から、私の石けん生活は今日まで続いています。 ちなみに本サイトに『SOAP』というコンテンツがあったりします。

そんな中でエコロジーやスローライフの波で、手作り石けんブームが巻き起こり、ネットでもたくさん雑貨として販売されるようになりました。

石けん好きな私としては、石けん作りにすぐさま飛びついても良さそうなものでしたが、その工程に劇薬である苛性ソーダを使うということと、なんだか作っている人の話しによると「ガスが出るのでベランダでかき混ぜています」とか「目に染みて大変でした」とかいうのを聞くと、「なにもそこまでして製品的にも安定していない石けんを作らないでも・・・」と思っていたのです。 それに1個が100円から200円で買えるものですから、わざわざ薬局に印鑑を持って苛性ソーダを買いに行ったり、固まる前の強アルカリの石けんタネから身を守るべくゴム手やゴーグルをして作業をするということが、石けん作りにノリ気になれない原因でした。

が・・・・・

とうとう作ってしまいました、手作り石けんですよ、奥さん。


マルセイユ石けん+シアバター20
※スミマセン恐ろしく画像が粗いですね、自分でもビックリです(なのに撮り直す気がないヒト)

自分の意識の中では「いつか作るだろう」とは思っていたんです、作り続けるかは別として1度は作ってみたいというのもありましたし。 けど、石けん生活5年も続けた今になってその時がくるとはね。 自分でも可笑しいのですが。

発端は友達からの1本の電話から。

夏に一緒に行ったフリーマーケットで、コレも一緒に買った手作り石けんを彼女はいたく気に入った様子で。 「あのお店の石けんが欲しいのだけど、連絡先が判らないから買えないのよ。 ならば他のネットでイロイロ販売されている手作り石けんを買っても、同じように使えるようなものなの?」という質問の電話だったのです。

そんな電話を貰って、私も最近はどんな手作り石けんが売られているのかをチョット知りたくなって、手作り石けんを販売しているネットショップを少し見て廻っていたのです。

そしたらー、なんだか自分でも作りたい欲がムクムクと湧いてきて、気付いたらレシピとか作り方とかチェックして、道具の調達まで考えていましたから。

それで、初めて作ったのが上の画像の石けんです。 今回使ったのは『お風呂の楽しみネットストア』でも販売されている、オイルが配合されているパックをハンズから買ってきて作りました。 イロイロなオイルを個別に用意しても、もしかしたら2回目は無いかもしれないですし、まずは試しにお手軽版ということです。

初めてなうえに、本も買わずにネットからの情報だけで作ったのでイロイロ大変でしたけど、なんとか型出しから切り分けまでできて、あとは熟成を待つだけです。 昨日型から出したので、年末くらいには使ってみようと思っています。 むふふふ、楽しみ楽しみ。

ちなみに現段階では 『超たのしい!ハマリました!』 という感はまだなく。( ̄▽ ̄*) 作った石けんが「使える」と確認できてから、じんわりハマッテ行きそうな気配。 だってねまだ『自分で作ったモノでカラダや顔が洗える』という実感が無いしね、目の前で泡だつとカンドーでしょうねきっと。

とかなんとか言って来年は四六時中石けん作ってたら笑いますね。
ギリギリセーフ

CANON IXY DIGITAL55/ 進入禁止 ~またいで行ける鎖にかかった錠


はぁー、間に合った間に合った。
郵送で送ったので、トラブルが無ければ締め切り前には届く予定。
北海道フォトコンベンションの2005人の中の一人になれそうです。

当日は自分の写真が展示されているのをコッソリと確認してみたいと思います。<地味
プロラボ
昨日は仕事の後に、えっこらよと街中のラボまで行ってきました。

えー・・・一応そこは『プロラボ』らしいのですが、
なんていうんでしょう、一丁前にプリントを頼んでしまいました、ハイ。

と言うのはですね、札幌コンベンションセンターで12月16~18日に開催される『北海道フォトコンベンション2005』というのに参加してみようかと思っていて。 去年はただ見に行っただけなのだけど、同時に開催される2005人の写真展というのは、マット台紙を買いさえすればヘタレ写真でも参加できるというじゃないですか。

ならば1,200円で台紙を買って・・・までは良かったのですが、もう提出期限が来週の金曜となると、4切にプリントするには日がなさすぎるのです、いつもながら遅すぎるのです私。

職場の近くのDPEで以前4切りプリントしてもらったことがあるのですが、私の腕が悪かったせいかあまりに「あら?」という仕上がりで、今回はそこには頼みたくなかったのです。

で、急いでいる事もアリ、勢いあまってプロラボに依頼してしまったわけですが、その写真てばピンホールで撮った写真なので、リバーサルのわりにはぼけーっとしてるわ水平取れてないわで、きっと受付のお姉さん「なんじゃこりゃ・・・」って思ったはず。

でも、お店に入ってカウンターの前に行くと、カウンターに埋め込まれているライトボックスをパッと点灯してくれて、「おお、さすがプロラボ」と思いましたねー。 張りきってプロラボに持っていったワリにはそれまでルーペで一度も見ていなかった私は、そこでルーペで覗いてみて「ああ、やっぱり粒子粗いじゃん、ダメじゃん」て既に諦めモードです、うう。

マット台紙(よく写真展などで写真を飾るのに使われている窓が開いた厚紙の台紙です)への写真のセットの仕方すらよく解っていないんですけど私。

はたして期日までにちゃんと提出できるんでしょうか。
雪です

CANON IXY DIGITAL55

シズクの正体は雪です。最高気温6度の日の朝。
おいでよどうぶつの森
スーパーファミコンやらプレステやら、ゲームはやりだすと楽しいのだけど、ゲームするとテレビが見れないし、あっという間に何時間も経つし、あの起動のわずらわしさも面倒だし。 コントローラーぐるぐる引っぱりだしたりね。 きっとゲームが本当に好きな人はそれでもゲームするんでしょうけど、私はそこまでは好きというわけでもなく。 ただ、たまーにゲームしたい脳になることがあり、最近はコレ↓がやりたいのです。

東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング
B00097D8YO

そうするとコレ↓が必要になるわけで。
秋も終りです

自家製の紅葉

借りている家は古くてなにかとメンテなど大変なのだけど。
小庭におっきなナナカマドの木があり、毎年真っ赤に紅葉します。
裏なのが残念で、毎日ドタバタと仕事に出かける私は
ナカナカじっくりと見ることがありません。
気付いたら全部落葉してたり。

でも、今年は紅葉がゆっくりでよかです。
不吉な夢?
昨晩、またまた居間のソファの上で寝てしまいました。

そして見た夢は、見たこともない自分の家が目の前でばたーんと倒壊する夢でした、ハイ。 それも本当にドリフのコントのように向こう側にバターンとね、まるで大道具さんが作った家のようにいとも簡単に倒壊したのでした。 今は一緒に住んでいない両親も一緒にいて、あらーっと見ているのです。 困ったと言うわりにはさほどの危機感もなく。

夢占いによると、どうやら心身が疲れている時や金銭的に大出費があるという。

心身が疲れているのはいいにしても、大出費だけは勘弁してほしいの。

たぶん昨日の昼間、家の雨漏りの件で大家さんと「放っておくと構造が腐っては・・・」という話しをしていたからだと思うのだけど。<激しくそう思いたい
建築家 清家清展


清家清展に行ってきました。

IMG_1072.jpg

IMG_1075.jpg

札幌高専には初めて行きましたが、この季節は紅葉が綺麗で学生さんがウラヤマシイです。 校舎に向かう途中にある橋の下は山奥の渓流のごとく眺めもよいです。 あんな場所を毎日登校してみたいと思いました。

清家清本人が設計した校舎も、土地の起伏を良い感じに取り入れていてサスガという感じでした。 この展覧会が開催されている間はオープンスペースになっているらしく、受け付けで記帳してシールを貰って貼っていれば、ウロウロと校舎内を見て歩けるのです。

行ったのはもう夕方近くだったので、帰りはすっかり日が落ちてしまっていたのは残念。 平日昼間に行けるならもう一度行きたいくらいです、たしか今週末5日までだったハズ。

今年は特に紅葉の進み具合がユックリなせいか、真駒内~芸術の森近辺はスゴーク紅葉が綺麗だったので、近くにお住まいで建築に興味のない方も無料ですので、紅葉見がてら出かけてみては。
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。