スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
除雪と除氷
昨日は午後からガツンと家の周りを除雪、除雪、除氷?


石垣ならぬ氷壁?

コレ、ウチの屋根から落ちてくる氷なのですが、
大きさの比較のために自分の長靴アシを入れ込んでみました。
運ぶために割ってますが、コレの倍以上の巾の氷がズサンと製氷されるのです。
屋根からね。

この氷がクセモノで、見た目よりもはるかに重くて腰にくる・・・。
去年はこの氷が窓ガラスを直撃し、とっても大変な思いをしたので、
今年はもうセッセコと雪と氷を窓の側からよけています。
モチロン、窓にガードもしていますヨ。

昨日はチョット暖かかったので、
こんなものが上から落ちてきてはひとたまりもないし、
午前中はじっと落ちるのを待って午後から作業をしたというワケです。

既に深々と雪に埋もれてしまっている氷を発掘するのもまた一苦労でね、
パズルのように「まずはコレを除けてから、次コレ、やっと動いたー」
という具合で、この画像のように氷を積み重ねた段階では、
既にグダグダに疲れきっていたのだけど、
二人して「氷まつりだー」とか
「イクサの為に石垣を積んでいるようだ
(前の週の『功名が辻』を見ていたのです)」などと
アホな会話をしてなんとか意識を楽しい方へ向けるけれど、ムリ・・・。

この作業を、毎週の休みごとに繰り返さなければならないなんて、
カナリきついデス(≧д≦)。

あと1ヶ月くらいはまだ雪が降り積もるだろうけど、
もういい加減に雪を捨てる場所が無くなってきてますから。

料理長(彼)は
「もしもう一台車買ったら、完全に雪を捨てる場所が無くなるから、
来年からは排雪業者にお願いしないとダメだねー」と言っていたけど。
ご近所の皆さんも結構、業者に排雪してもらっているみたいだけれど、
春になると解けて無くなるものをお金かけてまで
持っていってもらうっていうのも、なんだかなー。

家が古いから寒いのだと、
高騰している灯油をセッセコ燃やして家の中を暖めているのに、
屋根にこんなに大きな氷ができるということは、
家の中の熱が逃げているということで。
その落ちた氷をよけるのに疲れきって休みが台無しになるっていうのは、
やーな悪循環。

古い家を借りるものじゃないわー、と毎年冬になると思うのです。
スポンサーサイト
下積み料理人
おとといの晩ご飯は三色丼でした。

三色のうちの一色になる、挽肉を炒めて味付けをしていたところ、
料理長(彼)が台所に現れたのでちょっと味見をしてもらおうと思ったのです。

そーしーたーらー

「だめっ、全部(調味料)が少ないっ、匂いでわかるっ」

と言って、通りすがりに匂いを嗅いだだけで味見すらしてくれずに、
犬の散らかしたのを片付けにサッサト他の部屋へ行ってしまいました。

「・・・・・」

なんだか、本当に下積み料理人の気分でした、ぬぅ・・・。

いや、実際どうだったかというと、料理長(彼)の言うとおりだったんですけどね。
チクショー!
手軽さと時間差
大手カメラメーカーが銀塩から手を引いていくのを嘆いてみても、いざ自分はというと、やっぱり撮ってすぐアップできるデジカメを日常に使ってしまうんですから。

そうすると、一応いつもカバンに入れているフィルムカメラの出番がめっきり減ってきて、フィルムで撮りたいのに撮れないというジレンマに襲われる。 本当はフィルムで日常もパシパシ撮りたいのに、ついつい失敗を許されるデジカメを起動してしまうのよ。

いっそのこと、デジカメを家に置いてしまって、フィルムカメラだけを持ち歩こうかとも思ったり。 でも思うだけで、ナカナカ実行には移せないんですけど。

フィルムカメラやポラで撮った写真をよいカンジにアップしているBLOGなど見ると、そのスタンスが羨ましいなぁと常々感じるのです。 どうも私はデジカメの便利さに慣れきってしまい、フィルムカメラで撮って現像プリントに出して、スキャンしてっていう時間差にイマイチ馴染めないのですよ。

某写真サイトの方のコメントでも「見せている画像は十数枚でも、実はフィルム何本も撮った中のうちの一部で、何百枚も無駄にしたんです」なんてコメントを読むと、自分は撮っている枚数からしたら採用率が高過ぎるというか、プロのカメラマンだってもっと撮るだろうに、たった1本や2本のロールの中から結構なお気に入りを取り出そうとしているのがだいいち無理があるのかもしれない。

リバーサルも良いけれど、もっとお手軽なカラーネガで日常をパシパシ撮ってさ、カメラが壊れちゃうくらいにシャッター押しまくってさ(実際は壊れちゃっては困るんだけど)、家中がネガと写真に埋もれちゃうくらいに写真を撮りたいのよ。

って写欲だけを語ってしまう今日この頃。


CANON IXY DIGITAL55 / 2006/01/24 今日の空

最近の空写真を見ると北海道はいつも青空で天気が良いように感じるけれど、コレはたまたま私が撮れる時に晴れているというか、晴れていないとデジカメを取り出さないというか。 撮った直後に猛吹雪なんてザラですから、あしからず。

バスが来ない
今朝はまたもや通勤バスが30分遅れで到着。
こうやって文字にしてしまうと、なんてことない気がするけど
「巨大冷庫の中にじっと30分立っている」と想像してみてください。
あまりの寒さで身体機能のどこかが停止するんじゃないかとすら思いますよ。
とにかく足の指がジンジンしてあと一歩で凍傷になりそうでした。

30分遅れるなら代替バス出してよー、ブツブツ。

日曜は寒くて外に一歩も出なかったので、
空写真はアリマセン。<って毎週末出かけていない私

20060121
CANON IXY DIGITAL55 / 2006/01/21 土曜日の空です
酔いがさめつつ
FM3A
NIKON FM3A /既にどこにもありませんから!


久々にススキノから朝帰りなどしてしまった土曜の朝。

サンザン飲んで酔っ払って家に着いたと思ったら、やおらDSで森(おいでよどうぶつの森)をやり始め、うだうだと生産中止になったNIKON FM3Aを買うか買わないかなどと今話さなくてもよいようなことを、徹夜で仕事をしていた料理長に向かって話していた酔っ払い約1名。

その後2時間半くらい寝ましたけどー、やっぱりお酒は抜けるワケもなく・・・無情にも出勤のバス時間はとうに過ぎているし、で徹夜明けの料理長に車で職場まで送ってもらいました、うふ。

お昼まで半酔っ払いだったことはナイショですよ、貝のように口をつぐんでひたすら酔いが覚めるのを待ち続けた午前中。

翌日仕事の飲みは最終で帰りましょう。

20060120
CANON IXY DIGITAL55 2006/01/20の空
光を観る
ほぼ日刊イトイ新聞にて

『写真がもっと好きになる』 菅原一剛の写真ワークショップ

というのが連載されています。
写真家さん特有の専門用語ばかりではくなくて、とても解りやすい言葉で、
なお且つ毎回「ハッ」とさせられる事があって、毎週楽しみにしています。

このワークショップの中で第4回の記事が特に印象深くて、
『光を観るために、空を撮る』という内容です。

たまに写真サイトやBLOGで、空と雲ばかり撮っている人がいますが、
私は正直、そういうサイトは得意ではありませんでした。
(もしあなたのサイトがそういうサイトでしたらゴメンナサイ!)

本人はきっと「あ、あの雲イイナ」とか「この空の色がステキ」と、
何かピンとくるものがあったから撮った空の写真でも、
実は同じように空写真好きでもないかぎり、
延々と空の写真ばかり載せられても、「さ、次いってみよー」てカンジで
じっくりと見る気にはなれなかったのです。

ところが、この一剛さんも『今日の空』というページを作って、
毎日の空をWEBに載せていて、
私はワークショップが始まる前にソレを見て
「この人もか・・・」とチラと思いました正直。

ですが、この第4回の記事を読んで、空写真への考えが変わりました。
というか、自分でも撮っちゃいました『今日の空』。( ̄▽ ̄*)


CANON IXY DIGITAL55 / 2006/01/19の空

これからもしかしたらチョクチョク『今日の空』写真が
登場するかもしれませんが「光を観るために練習だな」と
生温かい目で見守ってください。

写真に少しでも興味のあるかたは、このワークショップは必見です。
読んでみてください、毎週金曜日に更新だそうです。

『写真がもっと好きになる』 菅原一剛の写真ワークショップ
マカロン

初マカロン / 相変わらずピントはいづこ・・・

もう有名BLOGになってしまいましたので、
一度はご覧になったことのある方も多いかもしれません。
以前から私が大好きなBLOGで

カメラと一緒にパリでお散歩*

で紹介されるフランス生活の中にたまに出てくる
『マカロン』というお菓子が気になっていました。
その姿は、日本でもこれまでに何度か目にしたことはあっても、
実際に食べてみた事はありませんでした。

札幌でも買えるお店があればいいなと、ネットで検索してみたところ、
マカロン好きさんが美味しいと紹介していた中の1件が
札幌にあることを発見。

早速、大雪の中、マカロンだけのためにお店を探して買ってきましたよう。

今回、買いに行ったのは東区にある
『リヴゴーシュ・ドゥ・ラセーヌ』というお店です。

『リヴゴーシュ・ドゥ・ラセーヌ』
札幌市東区北20条東15丁目2-8
TEL:011-742-7023 営業時間 10:30~19:00(月休)



初めてマカロン食べましたが、甘いとは聞いていたものの、
やっぱり本当にアマーイ(コントではありません≧д≦)。

ハリキッテ6種類を2個づつ買ってみたものの、
一度に食べられるのはせいぜい2個くらいかな、
しかも飲み物必須。

でも、美味しいです確かに。
甘さの中にも挟んであるクリームやジャムが
ちゃんと主張してそれぞれに特徴あるし。
続けていつも食べないにしても、
時々ふっと食べたくなりそうなスイーツです。

ちなみに、スターバックスにもこのマカロンがあるらしいですが、
マカロン好きさんの評価によるとイマイチらしいです。

ああ、ピエール・エルメのマカロンも食べてみたーい♪

って、これから当分ダイエット強化月間だということを、
スッカリ忘れ気味な発言でした。

反省。
会社のツゴウ
IMG_1242.jpg
CANON IXY DIGITAL55

職場のHPでスタッフを募集することになり、
社長の奥さんから
「スタッフからのひとことを載せたいのでコメント考えてね」
というお達しメールがきた。

参考にするように提示された他の事務所のサイトを見ると、
そこのスタッフさんたちは求人募集に向けてちゃんと
『当り障りの無い文章』を載せている。

確かに現在その職場で働いている人間の言葉を載せると、
求人に応募してくる人にとっては良い判断材料になる。
(ように感じるだけ)

でも、実はこの『スタッフに文章を書かせる』という事は、
ある意味『謙虚ぎみに自画自賛』
「うちの会社ってこんなに良いカンジで、
不満なんてありません」というニュアンスを端々に織り交ぜる事を、
暗黙のうちに要求されているワケです。

ここで「いたって普通に働いています」
なんていう内容の文章を書いたところで
社長サイドでOKが出される訳もなく。

で、さっきから小一時間ほど考えているのだけど、
一向に『当り障りの無い文章』が浮かんでこない。

「こんな会社に来てはダメ」とまでは言わないけれど、
本当は来て欲しい『真面目で、でも多少のユーモアはあって、
なおかつデザインセンスの最悪じゃない人』という人にとっては、
後々社長のダメさ加減はストレスになるだけだしねぇ。

でも、考えようによっては、全く経験ゼロの人にとっては
『良い踏み台』になるのでいらっしゃいよ、という気持ちはある。
学べることは他の事務所より少ないかもしれないけれど、
経験と実績だけはつけることができるから。

なんて、正直に書ければこんなに悩まなくて済むのだけど。
フレンチドック

CANON IXY DIGITAL55 / 初・フレンチドック砂糖がけ

なんだかここ最近寒すぎるのです。
氷点下はサスガに肌がピリピリ。

日曜は北海道神宮へお正月の飾り物を納めに行ってきました。

で、初めて食べましたよー『フレンチドック砂糖がけ』。

最近はテレビなどでも取り上げられた事もアリ、
コレを知っている人も多いでしょうね。

ちょうどblancさんのBLOGでも取り上げられていたこともあり、
私も思い出して、出店で買ってみましたー。
揚げたてということもあり、外はサクッ中はほわっとしていて悪くない!
味は想像どおり『ドーナツの中に魚肉ソーセージ』でした。

でも・・・・・・・

やっぱりケチャップの方が美味しいような・・・。
食べ終わっても油と砂糖の甘さがネットリ残るのねー。

料理長は道東出身なのだけど、
子供の頃はよく砂糖で食べていたらしいですが、
「今は断然ケチャップ派だ」となぜか力説していましたけど。

面白かったのは、車に戻るまでのすれ違う人すれ違う人みなさん、
私の手元のコレをじーっと見ていて、
明らかに『見慣れないものソレナニ?』という表情をするのです。( ̄▽ ̄*)

でも次食べるときは、ケチャップとマスタードと言ってしまいそう。
新年です
あけまして おめでとうございます。
つたないBLOGではありますが、
今年もよろしくおねがいします。


みなさん、楽しい年末年始を過ごされたでしょうかー?

私はですねぇ、高校の時の同窓会がありまして、
同窓会というものに出た事がなかったので参加してみました。

運動系の部活動をしていなかったので、
もともと知り合いや友達が少ないというのもあり、
それほど「ワーッ!」とか「キャーッ!」という盛り上がりもなく。

ただ、話し掛けられてその彼が誰だか判らず、
周りの友達に笑われちゃたという場面がありました。
その人、結局誰に聞いても最後まで名前がわからず、
名札シール貼ってないんだものー、もー。

同窓会が行われたのは高校のある町だったので、
早めに着いちゃったし、懐かしさもあり、
昔から気になっていた大人しか入らないような
コーヒーショップで時間を潰したりなんかしてね。

それ以外の日は、とにかく寝て食べて飲んでの日々。
日頃なかなか連休が無いので、ここぞとばかりに
母親にも甘えまくって帰ってきたのでしたー。

さて、今年はどんな1年になるでしょうか。
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。