スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シートカバー
IMG_1923-s.jpg
ラパンのシート

コレは買った当初のラパンの純正シートです。
イチオウこだわってグレードはMODEにしたので、
他クラスのラパンよりはシートがチョットだけマシですけど。

それでも『モケット』というわりにはあまりに頼りない素材だし、
色も薄いのできっとスグに悲しい汚れ方をするのは目に見えていますし。

だからシートカバーを買ったというのではなく、
じつは車を買うずっと前から「車を買ったらシートカバーを買おう」と
心に決めていたのです、まったく逆ですけど。
まるでシートカバーを買うために車をかったような順序です。

今回シートカバーを注文したのは『ユアブランド』というお店で、
ユーザーのコメントからも満足度が高そうだったので、
お値段もそれなりに高かったですが(^-^;)、
車を購入と同時に早速オーダー。

なにやら製作に時間がかかるのと注文がたくさんあるらしく、
3ヶ月待ちというのでテッキリ7月入ってから届くものだと、
支払いの件も安心していたのですけど。
先日もう届いてしまいましたので、料理長とせっせと取付けました。

で、取付けた様子がコレ↓。

IMG_1933-s.jpg

IMG_1941-s.jpg


どう?良いでしょ~♪
思ったとおりのイメージにおさまってカナリ満足です。

料理長は「これで60歳まで乗れるね」って
どうも彼には『年寄りクサイ』と評判はイマイチなのですが、
レトロと言って欲しいです、マッタク。
MODEはインパネがウッド調でハンドルもウッド&レザーなので、
こんなレトロな感じにしたかったのですー。

今回はドア部分の内貼りにまで手が出ず、
でも料理長と二人で「やっぱり付けたいね」と話したくなるほど、
全体的に良い感じなのです、むふ。

シートカバー付けるなんてよっぽどの車好きのようですが、
全然そうではなくて、もうこれ以上はなにもしない予定。
最近、こういう特徴あるシートがメーカーの特別仕様車でもあったりして、
これからもっとシートが個性的になるのではと勝手に妄想しています。
スポンサーサイト
さるぼぼ
今朝、通勤途中で三車線の真中で信号を待っていた時のこと。
左隣の車の中には飛騨のおみやげで知られる
『さるぼぼ』が下がっていました。
そして右隣の車にも同じように『さるぼぼ』が。

え・・・?ハヤリ?

私はあまり車の中にモノを置いたり
吊るしたりするのは好きではないので、
「最近は下げてる人がおおいなぁ」と
ホントたまたま見たんですけどね。

以前、友人が嫁いだ先のオカアサンにお土産でいただいたという、
さるぼぼストラップを持っていたので「子宝?」と聞くと、
彼女は全くそのさるぼぼの意味を知らなかったらしく、
単にカワイイ人形なんだと思って持っていたらしいです。

オカアサンの淡い期待は友人には全く届いていなかったみたいですが、
友人の間では笑い話ですが、本人にとっては・・・(≧д≦)

私の実家にも手のひらを広げたくらいの
大きめのさるぼぼがありましたが、
妹に3人も子供ができてスクスクと育っているので
効果アリなのでしょうか。

というかチョット調べましたら、子宝だけじゃなくて、
良縁(エン・猿)とか災い去る(サル・猿)という
意味あいもあるみたいです。

確かにマスコットとしてもカワイイよね。

福さるぼぼ 0427アップ祭9
アジサイの季節
ううーん、我ながら近頃の画像がツマラナイ。

車通勤になってまず通勤時に写真を撮る事がなくなったのと、
休日は勉強モード(どれだけするかは別として)なので、
まず出掛けないで家にいるので庭写真しか撮れないという図式。


CANON IXY DIGITAL55/復活アジサイ

2年前くらいに花が咲いている状態で買ったアジサイですが、
植える場所が悪かったのか土が合わなかったのか、
地植えにしてから全く大きくならず、
むしろ枯れる寸前というか風前のトモシビ状態だったのです。

このまま枯らしてしまうならと、去年の秋に一度鉢上げして
冬をそのまま越してみたのです家の中に取り込むこともなく。
そうしたらアナタ、鉢に入ったまま雪の中で
ひと冬過ごしたにも関わらず、今年の春はメキメキと新芽を出し、
現在も元気に成長中です。

ウレシイ・・・かなりウレシイ♪
グッジョブ私!

他の花との兼ね合いを考えて白いアジサイにしたのだけど、
今年は咲いてくれるかなー。

北海道のアジサイはこれから咲くのです。
桔梗

CANON IXY DIGITAL55/桔梗がでてきた


桔梗って多年草だったんですね、知りませんでした。
去年、料理長が苗をホームセンターで見つけて植えてみたのですが、
雪の下から出てきた時の春の無残な枯れようを見たときには、
とってもそこから新芽が出るなんて思いもよりませんでした。

で、気付いたらニョキっと出ていました、マブシイほどの新緑です。

ところで最近、恐ろしいほど忙しいのです。
気付いたら、真鍋かをり並?に小走り移動してます。

姪の運動会にも行きたいけれど、とても行ける状態でもなく、
実は仕事にも行かずに一日中家にこもって勉強していたいくらい、
せっぱつまりモードなのです。

でも・・・イケナイイケナイ、余裕が無くなっちゃイケナイね。
余裕が実は無くたって笑っていたいと思うのです。
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。