スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更にリトープス
鳴弦玉
リトープス/鳴弦玉(最大径5㎜)

こちらもホコリまみれな実生苗。
チビ苗は傷つけちゃいそうで怖くてホコリが払えません・・・

勇気のある方だけクリックで画像拡大してみてください。
真ん中の割れ目の奥にかすかーに新球の割れ目が見えます。
(ディスプレイによっては暗くて判別できないカモ)
将来の容姿を見てみたい方はコチラ
(自分でも久々に確認して何故コレを選んだのかはギモン)

この割れ目もちょっと前まではピタっと閉じていたので、
ユックリながらも脱皮の準備は進んでいるのですねー。

他の2種はまだ脱皮の兆候はナシ。

脱皮開始組と兆候ナシ組は、
分けて水遣りしないとならない?

通常成球であれば脱皮が始まったら水遣りしない、
というのがセオリーらしいけれど。
チビ実生苗の水を切るのは勇気がいるなぁ。
スポンサーサイト
ウッカリ☆
褐色巴里玉
リトープス/褐色巴里玉

こちらも脱皮の兆しアリのリトープス。
ちょっと気色悪い面持ちですね。

この苗は激しく徒長しているので、
出てきた苗もビローンと徒長してそうで心配。
他にもヨコっ腹かっ裁いて脱皮しかかっているのもいて、
「へぇ同じ種類でも色んな出かたがあるのね」と観察中。
興味のある方だけ拡大画像でお楽しみください。

ところで、こんな極寒期にワザワザ多肉を通販で買おうとしたのは、
何を隠そうこの私。
バカですね、連日氷点下のこの時期に、
輸送途中に多肉が凍るかもしれないなんてこと、
スグに気付いてもよさそうなものなのに。

この時期は確かに寒くて暮らすのもイロイロ支障はあるけれど、
生まれてこのかたこんな環境にいついているものですから、
「寒いからって買えないモノがある」なんてことに気付かなかったス。

真夏にアイスクリームやお刺身だって通販で買えちゃうこのご時世、
買えないのはやっぱり『真冬に植物』?

まぁ、欲しい苗を探していただけることは判ったので、
気温が氷点下を脱したら、リベンジですわ。

あ、あとリトープスの小苗も『つい出来心』で注文してしまったのだけど、
コチラもきっと届くのは1ヶ月後くらいになりそうね。

まったくマヌケ具合にも程がある。


脱皮の兆し♪
オリーブネブローニ
リトープス/オリーブネブローニ(最大径5㎜)

最近、多肉三昧なBLOGですが、楽しいから許してください。

リトープスの実生苗が脱皮しかかっています。
前回のエントリーから、ほんの少しだけ穴が開いたようです。

置いている窓辺の室温はまだ10~15度くらいなので、
動きは鈍めですね。

画像はオリーブネブローニという品種で、
5種類の実生苗のうち、唯一丸い形の苗です。
画像アップにするとホコリが見えますがご愛嬌。

コレがツルッと脱げて果たしてどんな柄の苗が現れるのでしょうか。
たーのーしーみ♪

ハオルチア その4
ハオルチアシリーズ4

これでウチにある4種全てが出揃いました。

この方は何を隠そうダイソー出身です。
ラベルには『レツーサ』とだけ書かれていましたが、
細かな素性は全くワカリマセン。

とはいえ、私にとっての初ハオルチアです。
購入時から子吹きしていたのだけど、
その時は株分けの知識も全く無く、
たまたまポロと取れた1個だけを株分けし、
残りはそのまま植え付けてしまったのでした。

021708007.jpg
左(購入時)2007/09月   ・右(現在)2008/02月

よって結果はご覧のとおり、
親株子株入り混じってモサモサしていますね、美しくない・・・。
初めの頃のキリッと感はまるでなく、
だらんとした姿になってしまいました。

温かくなる前に練習がてら株分けして、
親苗をスッキリさせるつもりです。

大雪のあと
ヒドイです・・・

土曜日に一日中雪が降り続き、
せっかくの日曜は除雪でグッタリなんて
雪国ならではの悩みですけれど。

冬に数回、大雪が降ることなんて、
今に始まった事じゃないのに、
いざ大雪になると大きな道路すら除雪が間に合っていません。

交通量が多いのに除雪されない道路の路面は
ガッタガタのボッコボコでザックザクのツールツルですから、
あっちこちで埋まっている車や、事故っている車がいて、
それもまた危険を増徴してしまいます。

職場から家にたどり着くのが決死の覚悟です。
そのスリルと危険度はヘタなジェットコースターより大でしょう。

いったい札幌市の除雪体制はどうなってるの・・・
と毎度ギモンに思うのですが、
なぜ大雪の時にスムーズに動く緊急体制を
事前に整えておくことができないのでしょうか。
というか、そんな予算ないよ、ってことでしょうね。

それで昨日は除雪疲れで一日中家でクッタ~っとしていて、
多肉観察くらいですか、やったことといえば。<体力使いませんから

で、発見したのです!!!
前回エントリーしたグッタータさんの根元に、
なにやら白い発生物がっ!

見た感じ『根』と思われますが、
そんな所から出てくるなんて、まさか土内部の根が、
仮死状態なんてことないよね・・・という一抹の不安も。

いやいや、春に向けて成長加速中!と前向きに考えたい。

要観察中です。


根の雰囲気?
ハオルチア その3
ハオルチア、あと2個ありますのでお付き合いを。

豊明殿 021708009.jpg
(左)2007/10             (右)2008/02

オブツーサとシンビフォルミスを購入した時に、
オマケでいただいたハオです。

『豊明殿』とだけ書かれていましたが、
調べてみるとH. guttata(ハオルチア・グッタータ)という
品種のようですね。

その時はオブツーサのようにガラス窓や、
丸くてぷりっとしたのが欲しかった時期で、
せっかく頂いたにもかかわらず「ひとまず植えておくか」という程度の、
なんとも失礼極まりない扱いでした。

が、最近になってオトナの姿をネットで検索してみたら、
あらー、結構きれいじゃないですか、キリっと凛々しくて、
プチプチ窓もよい感じ。

ウチのはまだ上に伸びている感しかなく、
「徒長!?」と心配していますが、
コレがロゼット(バラの花のように幾重にも円くなる様子?)型になったら、
結構美しいハオになるハズ。

『豊明殿』なんて銭湯のような名前が付いているから、
いまいちイメージ湧かなかったけど、
キミをこれから『グッタータ』と呼ぼう。

今もしグッタータの苗をオマケでいただいたら、
人知れず小躍りするくらい喜んじゃうでしょうけど、
まさかこんなに将来有望なハオだなんて知りもせず、
全く、無知ってコワイワー

(くださった方も私が初心者だということをご存知でしたので、
 その反応の薄さもご理解いただけているハズ
 あ、ちゃんと感謝のご挨拶はしましたヨ、もちろん)

と、たまに新しい発見もあるのが多肉の楽しいところです。
ハオルチア その2
はい、調子にのってハオルチアシリーズです。

左が去年10月の購入時で、右が現在です。
3ヶ月半ほど経過しています。

シンビフォルミス+オブツーサ
ハオルチア/シンビフォルミス+オブツーサ

日照が弱いせいか、徒長ぎみでしょうか。
こんなものと言えばこんなものかもしれないけれど。
葉が少ないですね、まだまだ。

何故だかこの子の鉢だけ土の乾きが遅いのです。
水辛い方がよいのかな・・・

前述のオブツーサや他のハオ達も、
どうやらカラカラ乾燥より若干湿度があった方が良さげなので、
今後は少し水やり回数を増やしてみようかな。

これまで結構、サボテン並に乾いてから水やっていたので。

多肉アパートが移動になったため、
私の部屋の模様替えをしなければならない状態に。
がんばる。

※情報求む!
 札幌市内あるいは近郊で「変な多肉たくさん売っていたよ」
 という情報ありましたらご一報を!
 北海道はねぇ、とにかく「一般的なカワイイ多肉」しか売られていなくて、
 リトープスやらコノフィツムやらハオルチアを
 取り揃えているお店が少ないのです。というか殆ど無いです。
ハオルチア

冬を乗り切り中のハオルチア/オブツーサ

ふと去年秋に入居してきたオブツーサに目をやると、
「あれ?ちょっと大きくなった?」と感じて、
入居時の画像を掘り出してみました。

画像を見比べてやっと確認。

あらら、大きくなってるじゃーん♪
左下が現在で直径5センチくらいあります。
で右下が去年10月の画像で直径3センチほど。


021708012.jpg オブツーサ


3ヶ月半ほどで2センチも大きくなってました。
到着時は輸送のために水が切れていたので
しぼんでいて小さくなっていたというのもありますが。
それでもこんなペースで大きくなってくれるとは、
思っていませんでした、冬だしね。

毎日見ているので、ぜーんぜん動きを感じられず、
半ば水やり以外は「放置プレイ」だったのです。

秋の植え替えまでにはもう一周り大きくなって、
あわよくば『葉挿し』で増やしてみたいわー、なんて妄想中。

なんだか嬉しさに紛れて、
他のハオも欲しくなってしまいました。

リトープス植え替え
   20070926160607.jpg
2007/09/19購入時  2007/09/26一回目植え替え

021708024.jpg
2008/02/17二回目植え替え(現在)

実生苗が脱皮し始めたので、ついリトープスに目がいってしまいます。
ので、去年仲間入りした成球達に隙間ができたので、
植え替えてみました。

当初9苗あったのが2苗消えてしまったので、
隙間ができたという悲しいお知らせなのですが、
でもおかげで1鉢に納まってしまいました。
(同じ形ですが1回目の植え替えの鉢より少し大きい鉢です)

前回、2体が消えたのは植え替え後だったので、
今回もこれから水遣りするのがチョット怖いです。

去年は花芽は出てこなかったけれど、
さすがに春の脱皮はするでしょう、と楽しみにしています♪
脱皮し始めたら報告しますので、
気持ち悪いと嫌がらないでくださいネ。

ひと足先に「リトープスの脱皮を見てみたい」という方は、
こちらのサイトで観察されていますのでどうぞ!

さぼてんだもの『リトープス12ヶ月』

 
リトープス脱皮!!!

褐色巴里玉さん脱皮開始(クリックで拡大)

判ります?中央部分の子の根元に発見!
もう・・・気付いたら脱皮しちゃってるんだもの、びっくりー。

北海道だし寒いし日照少ないし、
早くて2月末くらいから始まるかなという予想に反し、
もうリトープスの脱皮が始まっています。
他にも2~3体が脱皮しかけています。

実生苗だし且つ生育状態がイマイチなので、
あまり立派な新球は期待していませんが、
それにしても小さいっ!(2ミリくらい)

新球になったとたんに消える、なんてことになりませんように。

080211-2_20080213222656.jpg
オリーブネブローニーさん(クリックで拡大)
※違う子がナゼか間借りしています

オリーブネブローニーさんも、
苗の形はまん丸なので違う脱皮をしそうです。
中央部分の子の窪みが開いています、チョットだけ。
こちらはまだまだかかりそうです。

ハートの雲

バレンタインバージョン♪

グリムスは未だ葉が5枚しかないヨ・・・
エコなワードを使っていないから?
というか毎日更新してないしね。
気長に成長を待つとします。

バックの色が黄色?と思って見ていたら、
なんと雲がハート型しています。
カワエエ・・・

きっとクリスマスやお正月も何か変わっていたのでしょうけど、
スッカリ見逃しました。

ところで、今日の札幌はこれから荒れそうですが、
夜はヨガに行きたいのだけど、天候次第かな。

ヨガ体験 4回目
080208
ケータイ替えました

3年前にもINFOBAR使っていたのですが、
ナゼかコレにしたくなるのです。
でも3年も経つと使い勝手を忘れてしまい、
現在とっても使いにくい状況デス・・・。

ところで先週、体験でヨガスタジオへ行きました。
これで4箇所目です。

ラデュレのマカロン

ラデュレのマカロン

バレンタイン期間限定で三越札幌店の地下で、
ラデュレのマカロンが買える!

と喜んで買いに行くと、
夜にも関わらず、まだ在庫が。
札幌ではまだラデュレのマカロンは知名度ナシ?

8個で3,360円というお値段は、
さすがに庶民価格ではないけれど、
通常フランスに行かないと買えないお菓子なので、
意を決して購入。

バレンタインフェアで出店していたのに、
買ったその日のうち早々にオットとパクパクいただく。

さすが本場のマカロンは違うのね、
これまで私が食べたマカロンのように、
ネットリ甘いのではなくて、
甘さはあってもしつこくなくて上品なお味。

このマカロンは是非食べてみたいと思っていたので、
思いがけず食べる事ができてラッキーでした。

バレンタインのチョコも、
以前にお土産でいただいて美味しかったチョコを注文しちゃったので、
最近はやけにスイーツ係数が高いのです、わが家。
ヨガ難民中
先週の土曜日に早速スポーツクラブへ入会し、
その日にヨガのプログラムを受けてきました。

プログラムのタイトルが『アクティブヨーガ』だったので、
「だいじょうぶかな・・・」と思いつつも、
それほどアクティブでもなかったので、
なんとか最後まで付いていかれました。

男性のインストラクターさんで、
プログラムの進め方も良い感じだったのだけど、
隣のスタジオの激しい音楽がもう筒抜け状態で、
おそらくコチラのスタジオでかかっているであろうヒーリング音楽も、
殆ど聞こえない状態。
しかもお隣は激しいダンス系プログラムでダンダン!という足音や、
「ヒュ~♪」という掛け声やら・・・全然ヨガする環境じゃないです

時間制会員なので、今回は入場してから退場までで、
1,000円弱で済んだので、
他でヨガするのと比べると安いことは安いけれど。

毎回あんな騒がしいスタジオでやるのかと思うと・・・チョットねぇ。

近くのカルチャースクールでのヨガも、
実は18:30スタートというのに改めて気付いて、
18:00終業の身としてはキビシイかとチョット躊躇。

ひとまず、明日また別の今度は本格ヨガスタジオで、
体験で参加してくる予定です。
ココは本命スタジオなのだけど、職場→自宅→スタジオという経路で、
とっても通うのに根性いりそうなので、そこがネックなのです、ぅぅ
でも楽しみでっす♪

図書館
080131
図書館蔵書検索は便利


本を読むのは割と好きで、気になった本は手帳にメモしたり、
パソコンの前にいる時ならAMAZONのウイッシュリストに登録したり。

で、ついCDを注文するときなんかに、
スイッと何冊か本も勢いで注文してしまいます。

ただ、本ばかり家に増えても置き場が困るので、
なるべくあるなら図書館で借りて読んで、
それでも手元に置いておきたい本であったら買う
というように考えています。
でも大抵、図書館の存在を忘れて買っちゃうことが多いですけど。

今回も仕事関係のメールを読んでいてオススメされていたので、
「図書館にあるのかしら」と蔵書検索してみたら・・・

予約待ちが55件って・・・

今から予約して一体いつ順番が回ってくるのでしょう?
いつになるのか試しに申し込んでみたい気もするけど

店頭に平積みで並んでいる本だと、
こんなにも予約があるんですね、ビックリ。

ただ、本もラーメン屋さんと一緒で、
誰かが良いと言ったとしても、自分が良いと思えるかは
コレは別問題です。

レビューを読むとあまり読みたい気がしなくなったので、
今回はひとまず手帳にメモだけで終了。
植え替えを迷う

コノフィツム/ブルゲリ(2007/07/29蒔種)

画像は蒔種から半年のブルゲリ。
一番大きいので5ミリは超えているし、
この密集具合では成長に支障をきたしそうなので、
こんな時期に植え替えをしたい熱がフツフツと。

コノフィツムは4~5月から休眠期に入るものも多いようなので、
いまのうちに植え替えちゃえばなんとかなるかと思いつつ。
外は氷点下ですけど、家の中はさすがに氷点下にはならないので、
・・・どうしようか迷い中。

このちっさい苗を上手に植え替える自信は全く無く、
確実にダメにしてしまう苗も出るでしょうねぇ。
ああ、こんなにキレイなあめ玉をほじくる勇気がありません。

9センチ四方の鉢に100粒は多すぎましたね、(当たり前?)
まさかこんなに発芽してくれると思わなかったので、
嬉しい誤算でしたけど。
次は50粒くらいを限度に蒔くとします。

今年の種子リストが出ていて、もう輸入している方もいるみたいです。
私も去年に引き続き数種類購入予定ですが、
今年はリトープスはナシにして、コノフィツムだけでいくつもりです。

コノフィツムの多くは秋播きですが、去年の播種日は7月29日でした。
北海道では8月でもムレにさえ気をつければ、
むしろ涼しくなってしまう秋よりも
寒くなる前に少しでも成長させるという点では、
播種は晩夏が良いのかもと睨んでいます。

去年はリトープスはたくさん発芽してくれたけれど、
ブルゲリ以外のコノフィツムの残数が少ないので、
今年はもう少し研究が必要かも。

って、鉢の置き場所が確実に足りないので、
種を蒔く秋までにプランタースタンド探します。
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。