スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花サボテン大量
サボテンの花に魅せられて、とにかく綺麗な花さぼてんを育てたい!
と、ホムセンなどで普及種を集めていました。
「集めよう」と決めたワケではないけど、つい集まっているのです。
gremzのエコバッグ
そこに先日、ドカーンと花サボテンが到着。
開封前の箱がズシンと重いっす・・・

知る人ど知る花さぼてんの大先輩『ふじやまさん』のご好意でいただいた、
綺麗な花サボテンのカキ仔の皆さん。
ふじやまさん、ありがとうございます!

ハイ、どーん!
プシス系皆さん

オットと二人でガサガサと新聞紙から取り出したところ、
12種類ものプシス系サボテンが登場。
見た目ジミですけどね、同じような風貌ですけどね、
花が綺麗なんです、ムフフ。<完全にヤヤシイ人

大きなウチワサボテンは、竜華宝剣(オプンティア・マキシマ)。
花サボテンを送っていただく時に、
北海道の冬越しを実験してみてください、
と一緒に入れていただいたものです。
『北海道で冬が越せるか竜華宝剣プロジェクト!』ということで、
こちらのBLOGでも冬の始まりと来年の春に報告したいと思います。

責任重大ですが、この竜華宝剣は刺も殆ど無くて扱いやすいし、
厚ぼったくてドでかくて迫力満点で好きです。

今回届いた皆さんはカキ仔で根無しのため、恐る恐る発根管理中。
管理というか、水遣りしないでただ見ているだけ(^-^;)
なんとか、秋までには発根してほしいです、お願いします。

このサボさん達は、交配して作出されたものなので、
『□△丸』とか『〇×玉』とかいう名前が無いようです、全てナンバー管理。
カッコ良すぎます☆
さて、来年綺麗に咲かせられるでしょうか、微妙に不安ですが、
がんばりますよっ!

って言ってる側から、
昨日、早速咲いてくれた良い子ちゃん。
プシス3-4① プシス3-4①
3-4①

来た時既に15㎜くらいの花芽が付いていて、
乾燥期間中のゴロ寝状態からグングン花芽を伸ばし、
鉢に植え付けて間もなく根も無いのに咲いちゃいました。

サスガ大先輩のサボテンは、これまで上手に育てられているので、
根が無くたってぶっとい花芽を伸ばすのですね。

それにしても綺麗・・・ハデハデで朝の出勤前の目に刺さります(^-^;)
「うぉ、造花みたい」とはオットの感想。

早速今年中に花が見れて、嬉しいです~(*^-^*)
スポンサーサイト
休暇から戻ったオブ
オブ2
左)3ヶ月前     右)現在(フツーのオブになっちゃった…)
gremzで絶滅動物
よかったよぉ、やっと休暇から戻ってきてくれました。
3ヶ月前にきたオブツーサ、紫でも特美でもないですけど、
ひとまず安心安心、と思いきや・・・

なんだか中心部からそそり立ってるんですが(^-^;)
と・・・徒長ですかっ!既にっ?

もう・・・やんなっちゃうなぁ、
日光の当たる場所に置いているんですけどね、
もう1個のオブなんてもっと立ち上がっちゃってるし。

やっぱり窓際じゃ日光が足りないのかなぁ、と、
えいやっと勇気をだして温室ラックに入れてみました。

日当たりは遮光してあるから適度にしても、
温度がねぇ、40度超えたらマズイかねぇ。
最近は気温もそんなに上がっていないので、
温室ラック内も30度代でよい感じなのだけど。

ハオを温室ラックに入れると、バクダン抱えてる感じで、
より天気予報に敏感になります。
朝昼晩と、頻繁にネットのお天気サイトをチェックしてますもん。

もう少し上手に天候を考えてサボタニを育てられたらいいのに。
「晴れが続く予報だったので水やったら曇りと雨続き」なんて、
ちょっとドキドキするもの~(>_<)
ノトカクタス ヘルテリー
ノトカクタス ヘルテリー3 ノトカクタス ヘルテリー
ノトカクタス ヘルテリー
gremz+酸性雨
すみれ丸に続いてノトカクタスのヘルテリーです。
買ったままのカチコチ土で撮影しましたが、直後に植え替え済みです。

すみれ丸と同じくこの扁平な形が可愛いです。
おそらくこの子はピンク色の花を咲かせてくれるはず。
ノトカクタスは頭頂部に花をつけるので、沢山咲くと豪快です。

ノトの中には自家受粉で種子ができる種類もあるらしいけれど、
この子はどうなんでしょう?

ノトカクタスといえば代表的な、獅子王丸、河内丸、青王丸ですが、
キンキラの黄花が美しいのでこれらもゼヒ欲しい!

赤花獅子王丸や赤花貴宝青も欲しいしなぁ。
貴宝青ってどこにも見当たらないのだけど、どこに?

今年はもうあまり増やさないでおこう、と思いつつ、
欲しい種類は果てしなく出てくる出てくる・・・

ハオルチア実生 4ヶ月
昨日のテレビ番組『ケンミンショー』を見ていて、
『ラーメンサラダ』が全国的メニューじゃないと知って、
ショックを受けているKAMAです。

080724-1.jpg 080724-2.jpg
Haworthia bolusii v blackbeardiana
Haworthia semiviva(2008/03/16播種:約4ヶ月)

gremzのエコバッグ
気を取り直して、3月に播種した第一弾組。

4枚目の葉が出ている子もいます。
画像では判らないですが、一丁前に葉先に窓ができている子もいて、
だんだん特徴が出始めています。

大きさの変化はあまり無いですけど、出てくる葉がオトナ顔。
葉脈もクッキリしてきたようで、ハオらしい雰囲気が出てきました。

夏越しが心配ですが、なんとか持ち越したいです。

■関連エントリー■
ハオルチア実生 発芽
ハオルチア実生 葉が出たっ!
ハオルチア実生 植え替え
ハオルチア実生 チビ葉ラブ
ハオルチア実生 1ヶ月
ハオルチア実生 2ヶ月
ハオルチア実生 3ヶ月


で、6月に播種した第二段組は、
コチラは播種後約2週間の画像です。

ハオ実生第2段2週間-1
ハオ実生第2段2週間-2 ハオ実生第2段2週間-3
ハオルチア6種 (2008/07/06播種: 約2週間)

1週間を経過した辺りから、ワラワラと発芽してきました。
今のところ、6種全ての発芽が確認できます。

ただ、前回は発芽後に緑の葉を出さずに萎れた苗もあったので、
緑の葉がシャキンと出るまではあまり安心できません。

葉がシッカリして濃い緑になった子は、そろそろ植え替える予定です。
これも前回、横着して早めに植え替えた苗は途中でこじれたので、
焦らずに頃合いを見て植え替えます。

何度見ても、ハオの実生苗はカワイイわ~♪

■関連エントリー■
ハオルチア実生2008第二弾 発芽
トゲがあっても
プセウドロビビア 黄裳丸3 プセウドロビビア 黄裳丸
プセウドロビビア 黄裳丸(たぶん3.5号鉢くらい?)
gremzで植林・植樹
植え替える前に画像撮ったので、チク〇ン産というのが一目瞭然です。
ガッチゴチの固まる土に植わっていたので、既に救出済み。
■関連エントリー 【カチコチ土から救出作戦!】

えー、凄いトゲです、いかにもサボテンらしいトゲです。
植え替え終わるまでなんど攻撃されたことか

それでもロビビア系の花はキレイなので、是非見たいのです。
おそらく黄色い花が咲くので、色違いの緋裳丸も一緒に買いました。

苦手な激しいトゲに関しては、通常は外に置いているし、
冬はたぶん人のいない別室に置くことになりそうだし。
なので、ウッカリ通りすがりに刺さるということは考えなくてよいかと。
まぁ、私が水やりの時に攻撃されるくらいなら、
それをカバーするほどのお花が咲いてくれればチャラってことで。

ロビビアとかエキノプシスは直射日光でも大丈夫そうなので、
それらを置く用に、軒下に木製棚を作りました。

材料は家にあったものを使ったので、コストゼロです。
雨が当たらないかっていうと、実際はいくらかは当たりそうなので、
様子を見て使っていこうかと。

それにしても、せっかく棚を作った途端にスッキリしない天候続き。
3日と晴れの日が続かないので、サボをオチオチ外に置いておけません。
近年、本州の梅雨が明けると北海道が雨続きになる気がします。
期間は短いけれど、北海道にも梅雨が来ているんじゃないかなぁ、ヤダヤダ…
レイトニーは今
レイトニー
ハオルチア レイトニー(H.leightonii)
gremzで省エネ
葉先は透明で綺麗なのです、葉先は。

・・・

で、全貌はというと、
レイトニー
こんなんですから(T-T)

ちょっと目を離した隙に、どうしちゃったの~、
とよく見ると、株が傾いているのではなくて、
どうやら仔株が出てきたモヨウで、
それで姿が乱れたらしく。

でもしっかし・・・徒長&メタボです、来た時とは大違い。
ちょっとダイエットだな、こりゃ。
コノの納・涼・特・集
ウィッテベルゲンセ
コノフィツム ウィッテベルゲンセ ※勇気のある方はクリック!

納涼特集にはちと早いでしょうか、でももう散々暑いですよね。
gremzでエコアクション
ということで、カワリモノをひとつ。

コノフィツム好きであれば、どこかで1度は見たことがあるかも。
私もいつか欲しいと思っていたので、いつだったか・・・
確か5月くらいにサボと一緒に届いたコノ。

根をザクッと処理して植え付けたので、
こんな姿になった今も、果たして根が出ているのか、
根無しボーズなのかどうなのかは不明。
掘り出してみてもいいけど、また植えるのが面倒だし。

腐らない程度に土を湿らせてみてはいますが、
それにしても気温が上がった途端に、
片方の表皮がみるみる枯れだしてビックリ。

中には新球がみえるのだけど、コレが休眠ってやつ?

根が無いのでは休眠もへったくれもあったものではないけれど、
無事に発根してくれていればいいけど。

枝紋タイプ、とういう名で購入したのだけど、
柄がイマイチ薄いっす、本当にコレ『ウィッテベルゲンセ』?
なーんか違うような気がするのだけど・・・

でもこういうタイプのコノって、見慣れないとギョッとしません?
私も初めて見た時は、キモーイって思いましたが、
ナゼかそういうモノに限って育ててみたくなるんだな、これが。

初めてサボテンの花♪
080716サブデヌダータ咲いた!
エキノプシス属 サブデヌダータ:大豪丸
gremzでエコデート

咲いた咲いた咲いた~(*^-^*)

わが家で初めてサボテンの花が咲きました!

蕾つきで買って来たのでね、誉められたものでもないですけど。
それでも蕾がニョキーンと伸びる様子を見れたし、
何よりもサボテンの花が咲く様子を観察できてウレシイ♪

サボテン本体は直径8センチくらい、
花の直径は10センチくらいありました。

ネットで見ていた他のサブデヌダータの花より、
花びらの先がシュッとしていて、思ったより繊細です。
香りも「クサイ」と感じる人もいるようだけど、
なんでしょう、スパイシーというか山菜のような香りです。

夜咲きだということは知っていたので、
夜中まで待っていたけど開ききらず、諦めて寝てしまいました。
朝起きたら、ちゃんと開花していてウレシイです。

1日花らしいので、たぶん夜まではもたないですね。
次の花芽らしいモフッとしたのが出てきているので、
また楽しみができます~。
サボテンの花って、見ちゃうとなんかクセになりますねぇ。

オマケの子でも
海王丸 080615-9.jpg
ギムノカリキウム属 海王丸
gremz keyword エコバック
この子は奈○研さんで守殿玉を買った時にオマケでいただいた子。

でもゴメンナサイ(T-T)
このペタっとクモが張り付いたみたいなトゲがちと苦手です。
怪竜丸だって同じようなものといえばそうだけど、
なんか・・・この海王さんのトゲは特別クモっぽく見えちゃいます。

おそらく自分では買うことはなかった子ですが、
お花は綺麗なハズだし、いざ実物を手にしてみると、
それまで感じていた苦手感は薄れて、
ちゃんと育てようと思うものなのね。

よく、子供が苦手でも生まれてみたらかわいい、
というのと同じかしら。<え、一緒にするなって?

鮮やか緑のツヤ肌もギムノっぽくないけどギムノなんですよね。
コレも出会いのひとつ、ちゃんと育てますよー(^-^)。

---------------------

カレー

先週、日曜は久々に「カレー食べたい」熱が上昇し、
お昼にオットを誘って近くのカレー屋さんへ。
徒歩ですよ、徒歩。
のんびり二人で歩いてカレーを食べに行けるシアワセ。

あわよくば、も少し絶品カレーならば嬉しいのだけど、
可もなく不可もなく、フツーレベルのカレー屋さんです。

スープカレー屋さんが家から徒歩圏にあるだけでもヨシですね。
ハオルチア実生 第2弾!
ハオルチア実生2008第2弾080706播種 ハオルチア実生2008第2弾先発 ハオルチア実生2008第2弾先発
ハオルチア6種 実生スタート(2008/07/06播種: 3日目)
gremzでゴミ分別
春にメサから取り寄せた2種類のハオ種子を蒔きましたが、
今回はおぐりんさんべーやんさんにいただいた種子で、
ハオルチア実生2008 第2弾!です。

御両名には深く感謝いたしますっ!m(_ _)m
時々コチラのBLOGで成育状況をアップしますので、
もし経過が悪ければ、優しく見逃してやってくださいませ。

さて、播いたのは

・モザイクピクタ×黒ピクタ
・APピクタ×黒ピクタ
・ゴルドニアナ・スタイネリ×オブツーサ錦
・毛ガニ×グリーンジェム
・ヘルバセア×白銀ピグマエア
・レティキュラータ・ヘイリンギー×(レティキュラータ×レティキュラータ)

です、とっても楽しみな面々です、ふふふ。

早速3日目にして発芽の先発は
毛ガニ×グリーンジェムが1個発芽していました。
アップで見ると腰水の水位が高いですねー、肉眼だとそうでもないのに。

今回も前回使った実生床をまるっと使いまわしです。
熱湯消毒と薬剤殺菌はしているので、大丈夫と思いますが。

実生は段々と手抜きをするようになってきたけど、
失敗しない程度に手を抜いてできるようになれば、それでOKです。

■関連エントリー■
ハオルチア実生 発芽
ハオルチア実生 葉が出たっ!
ハオルチア実生 植え替え
ハオルチア実生 チビ葉ラブ
ハオルチア実生 1ヶ月
ハオルチア実生 2ヶ月
ハオルチア実生 3ヶ月

----------------------

ところで先日、とあるBLOGで紹介されていて知ったのが、
20080708135303.jpg
既にできてる 『そのまま食べられるシャービック』

子供の頃によく作ってもらって食べたのを思い出しますが、
私は断然イチゴ派で、買ってきたその日に食べちゃったので、
画像はメロンのみ。

牛乳40%なので少しスッキリ味ですが、
セブンイレブンにあると思うので、懐かしさに浸りたい方はぜひ。

ちなみに、コレを食べ終わった後のトレイが、
実生する時に種子を殺菌剤に浸けておくのに丁度よく、
イヒヒと思って洗っておいたら、オットに見つかり
「また何かに使おうとしてるな・・・」と即座に指摘されましたとも、ええ。

でも本当に丁度よいサイズで、実生には欠かせないアイテムになりました。
今さらPSPが欲しいのっす
知っちゃったヨ・・・。

昔、プレステの『ワールドネバーランド』というソフトで遊んでいて、
カナーリはまったんですよ。

やったことある方ならば、
好き嫌いがハッキリ分かれるゲームだということが解りますね。
ワールド・ネバーランドってなんぞ?というかたはコチラ> 【公式サイト】

それが6月にPSPソフトに移植され発売されていたのを
最近知ってしまいました、ああそうなの『知ってしまった』の。
知らなければよかったのに <ムリムリ



このワールドネバーランドは簡単に言うと生活シュミレーションゲームで、
ゲームの最終目標は自分で決める、というか目標は無いに等しいかな。
「何かをしなければならない」のではなくて、
「やりたいことをやる」そして
村人同士のスキル比べの戦いに勝ちたければ訓練を、
お金が欲しければ収穫したり拾ったり。
コミュニケーションをしたければ人に話し掛ける、恋愛結婚もしかり。

そんなカンジで、とにかく『ユルーイ』ゲームなのだけど、
1度ハマッタことのある人は解ると思うけど、
バックに流れる独特のBGMと村の雰囲気が妙に癒されるのです。

仕事で疲れて帰って、さらにゲームで疲れてどうする、
という声も聞こえてきそうですが、コレはある意味『リラックス効果』
なのではないかと思うのです。

このゲームはある一定期間続けると飽きます。
そしてまた期間をあけて、ある時フッとその世界に行きたくなるのです。
現実逃避?( ̄□ ̄#)

ま、まぁなんにせよ、モンハンや激しいバトルゲームのように、
刺激は一切ありませんので、そんなゲームが好きな人はスルーで。

DSの『どうぶつの森』や『牧場物語系』のゲームが好きな人には、
きっとストライクと思うのだけど。(もっと退屈かもね)

個人的にはPSP=中高生男子向けのハードという印象が強かったのに、
このゲームをしたいがため『だけ』にPSPが無性に欲しくなってます。
プレステでやればいいじゃん、とオットには言われるけれど、
いちいちテレビを占領してコントローラーだして、っていう作業がもう面倒。
ポータブルゲーム機はやりたい時にサッと起動してできるのが良いよね♪

このゲームがPSPソフトに移植されたということは、
DSソフトでワーネバが出る可能性は極めて低いよねぇ・・・(T-T)
↑密かに待っていた人

どこかにPSP落ちてないかな~( ̄▽ ̄*)
ノトカクタス すみれ丸
ノトカクタス すみれ丸3 ノトカクタス すみれ丸
ノトカクタス すみれ丸(2.5号鉢)
gremzでリサイクル
お気づきかと思いますが、ひそかに増えつづけています、サボテン。
外に温室ラックを置いたのが事の発端、あと2段空いてます、ムヒヒ。

ノトカクタスは初めて買いましたが、この種の花も結構好きです。
色も良いけど花びらの形というか花全体のバランスが好き。

それにこの子はトゲもそんなにイカツくないし、植え替えは素手でOKでした。
刺座のモケモケも張り付いたトゲもカワイイです。
別血統の子に出会えたら、もう1コ欲しいくらい。

このすみれ丸さんも、赤紫のような紫ピンクのようなお花が咲くはず。
はず、きっと咲くはず・・・ゼンゼン花芽が無いのに買っちゃったのよぅ。

大丈夫、カチコチ土から植え替えたし、太陽に当ててるし、
そのうち花芽が出てくるっ、と信じたい。

それにしても、カチコチ土に植えられているサボを買うと、
毎回、植え替え必須なワケで、それもメンドウになってきた(-_-;)

ところでカチコチ土に植えられたままのサボテンを育てている方、
結構いらっしゃると思うのですが。
救出方法は簡単ですよ。

カチコチ土からサボテン救出作戦!

・鉢と土が浸るくらいの高さでぬるま湯に10~20分浸ける
・水を切って、柔らかくなった土を割箸か楊枝で崩していく
・サボテンを救出し、浸けていたぬるま湯で根と苗下部の土をやさしく洗う
・2~3日直射日光の当たらない場所で根を乾燥
・乾燥させている間に鉢を洗っておき、苗と鉢の大きさに合った土を準備する
・苗を植え付ける。
・1週間ほど直射日光の当たらない場所で休ませてから、タップリ水やり


※作業を行うかどうかは、自己責任でお願いしますネ。
 この方法でサボさんがダメになって「コラーッ」と怒られても責任とれません。

カチコチ土を乾いたままガンガン破壊するという方もいるようですが、
私は苗に傷ついては悲しいし、上手くできる自身がないので、
ぬるま湯戦法です。水でもきっと柔らかくなるのではないでしょうか。
私は単にサボテンにとっては冷たい水より刺激が少ないかな、
と思うのと、早くふやけるかなと思ってぬるま湯にしています。

「ウチのサボテンも固まる土に入ってるのよ」という方、お試しあれ。
案外カンタンに救出できますヨ♪

洞爺湖サミット版gremz
gremzサミットバージョン
gremzサミットバージョン?

すごーい!gremzがサミットバージョンになってるっ!

背景が洞爺湖だ~♪

北海道に住んでいるのでほぼ地元(遠いけど)だし、
洞爺湖が珍しいわけでもないけれど。

単に、イベント用背景を見逃さないで済んだのが嬉しい!

現在、サミット中につき、札幌-千歳-洞爺付近が厳戒態勢です。
こんなに沢山の警察車両を見たことないっ!ってくらいアチコチで見ます。

夕べは、テレビの速報欄に要人の移動ルートと思われるルートが
次々と通行止めのニュースが報道され、オットとテレビを見ながら
「これでは要人が今どこにいるかお知らせしているよね」と話していました。

それにしても、警察が一極に集中しちゃって、
他が手薄になって他で犯罪起こるんじゃないかと、
余計な心配をしちゃうくらい、集まってます。

道外から来ている警察の皆さんは、
普通の会社員が出張で来るのとはワケが違うから、
さすがにススキノに遊びに行くワケにはいかないよね、と
「マジメな日本の警察」を願って止まない夫婦の会話。

追記:夕方と夜の背景も保存してみました
gremz080707-2.gif gremz080707-3.gif

gremz keyword リサイクル
里子に来た小サボ達
レブチア・スルコレブチア御一行
レブチア、スルコレブチア御一行様

フライレア御一行
フライレア御一行様

多肉植物観察ブログ♪ のpukowakaさんちから里子でやって来ました。

ちょうど、レブチアやフライレアを育ててみたいと思っていたところ、
里子募集をされていたので、ハイッと挙手させていただいたのです。

届いて箱を開けてみると、ナント19種類も入っていました、
ビックリ~&ウレシイ♪
pukowakaさんが実生された苗なので、大事に育てますよ~。

黙々とネームプレートを作成する作業から始まり、
やっとこ土に植えることができました。

沢山の小サボをどうやって植えるか悩んだのですが、
いつまでも裸んぼうでおくワケにもいかないので、
ひとまずこのカタチで植え込みました。

個別紹介はまたそのうちに♪
ちゃんと育って花も咲くように、がんばりまっす!

ギムノカリキウム 緋花玉
緋花玉 080622-10.jpg
ギムノカリキウム属 緋花玉(2.5号鉢)

ギムノの中では定番のような、普及種のような存在らしいです。
運よければ真っ赤なまさに『緋色』の花が咲くようですが、
実際は花の色は赤~薄ピンクの間でイロイロみたいです。
□googleでお花見る?□

この子も短毛丸と同じくホムセンで買ったのでチ〇リン産。
こんなに針のような弱っちょろいトゲでよいのでしょうか。

ネットで『緋花玉』を検索すると、それらとは
イマイチ同じ種類と思えないのだけど、大丈夫カナ~?

いまのところ花芽はまーったく出てくる兆しすらなくて、
他のギムノに蕾が出ているので、そっちで気を紛らわすとします(^-^)

ハオルチア実生 3ヶ月
ハオルチア実生3ヶ月全景
Haworthia bolusii v blackbeardiana
Haworthia semiviva(2008/03/16播種:約3ヶ月)


20日あたりに撮影するつもりが、少し遅れました。
全体画像はたいして変化ありませんが、
各個体ごとをよく見るとちゃんと成長しているようです。

今回はウッカリ撮影の前にキリフキかけてしまったのだけど、
キリフキはもう毎日はしていません、2~3日に1回くらい、
思い出したら夜にシュシュッと。

今度はセミビバの方に
葉焼け風に色が変わってきている子がいるので、
いくらかはダメになるかも、本当に葉焼けなんだろうか・・・。

ハオルチア実生3ヶ月全景2
ムリして100円玉置いてみたけどかえって判りにくい?

ハオルチア実生3ヶ月ボルシーvブラックベルディアナ ハオルチア実生3ヶ月セミビバ
拡大: 左)bolusii v blackbeardiana、右)semiviva

3枚目の葉が成長中だけど、ノギっていうのでしょうか、
微妙に雰囲気が違って出てきています。

うーん、楽しみ♪

■関連エントリー■
ハオルチア実生 発芽
ハオルチア実生 葉が出たっ!
ハオルチア実生 植え替え
ハオルチア実生 チビ葉ラブ
ハオルチア実生 1ヶ月
ハオルチア実生 2ヶ月
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。