スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サボテン実生2009
さて、この春蒔いた20種のうち、残るはサボテンとアルブカです。

【アルブカ】

今回は念願の『ナマクエンシス』を蒔くことができました。

去年同じアルブカの「スピラリス」を実生したのだけど、
発芽の感じはやっぱり同じ感じですねー。

ぴよ~~~っと針状の苗です。画像はまた今度。

アルブカの特徴であるクルクルっとした姿になるには、
風に当てる必要がある、らしいのですが、
室内で育てると単に「万能ねぎ」のようになりそうです。
ちょっと対策を練らないといけないです。

【サボテン3種】

今回蒔いたサボテンは、ちょっとマニアックです。
品種が、というより種子の境遇が。

・黄雪晃
 昨年、タニサボ実生倶楽部さんから分けていただいた種子。
 雪晃は大抵、赤かオレンジの花を咲かせるのですが、
 コレは黄色い花を咲かせる種類。なんとなく実生してみたくて。

・交配エキノプシス×サブデヌダータから採れた種子(命名:MIXサブ)
 昨年、ふじやまさんから里子に来た交配エキノプシスと、
 ホムセンで買ったサブデヌダータを「試しに」交配してみたら、
 結実して採れた種子です。 種子が採れた時のエントリー
 記念すべき初交配&初自家採取の種子なので、少し蒔いてみました。
 コレについてはまた後日。

・メロカクタス(トミーさんからの頂き種子)
090419-11_mero.jpg

 トミーさんのブログを拝見していて「メロカクタスってカッコイイ♪」と
 どうしても育てたくなって、成苗を買うより実生をしたかったので、
 トミーさんにお願いして種子を分けていただきました。
 親は札オチの苗のようで名前が無いのは残念なのですが、
 個人的には雷電雲に似ているのでは?と思っています。
 メロカクタスってどれも似てるんですよねー。
 種子から植えて、花座を見れるのは何年後でしょう・・・。

と、サボテンはこの3種です。
なんか、アッサリですよね、自分でもアレ?ってくらい、
3種しか蒔いていないのが不思議です。
これからもしかしたら蒔きたいのが出てくるかもしれないけど、
ひとまず、この春はこんな感じです。

2009/4/13に蒔いた20種は成長の具合を見て、載せていく予定です。

去年の実生苗もあるし、サボ花も咲いたら忙しくなるなー(>_<)

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 ≪参加しています。タニサボの話題がたくさん!
スポンサーサイト
コノフィツム実生2009


はい、やっとコノフィツムの番がきました。

こんなカンジで連結ポットに10種蒔きました。

1415.36 (2 pkt)   danielii Platbakkies
1425.85 (2 pkt)   hians
1425.87 (2 pkt)   hians SB951 Kleinzee
1425.88 (1 pkt)   hians Lekkersing
1430.7473 (1 pkt) minimum Witteberg,
1430.7475 (1 pkt) minimum-> ceresianum
1452.7 (1 pkt)    stephanii ssp abductum SB1119 Augrabies
1452.78 (2 pkt)   stephanii Rosyntjieberg
1468.71 (1 pkt)   vanheerdei SB794 Kangnas
1472.5 (2 pkt)    wittebergense Klein Spreeufontein

090419-9_hians.jpg
hians

090419-8_min_wite.jpg
minimum Witteberg

室温15~23度くらい、加温しないで腰水のみ、蓋なし。

コノフィツムは本州では秋蒔きされる方が多いので、
そんなに高温じゃなくてもよいのかもと思い、あえて加温せず。

が、案外ちゃんと発芽してくれました、全種類発芽確認できてます。

ただ、室内で通風が悪いため、白いモヤっとしたカビが生えるんですよね。
コレ、なんとかならないものでしょうか。
カビが生えるとカナリの率で苗も死んでしまいますので、
ココをクリアできたら、結構よい成績になりそうなのに。
毎回、カビにやられて悲しいです(T-T)

同じステファニーでもチョット種類は違いますが、
今年蒔きのと去年蒔きのとを並べてみました↓。
「ステファニー全然大きくならない・・・」と思っていましたが、
こう見るとけっこう頑張ってるのね。

090419-10_steph.jpg
stephanii Rosyntjieberg(2009/04/13播種:6日目)

090419_19steph.jpg
stephanii ‘helmutii’(2008/08/31播種:約9ヶ月経過)

アデニウム実生2009
タネ蒔き2009の続きです。

画像は手前からパキポ2種、奥4種がアデニウムです。



【アデニウム 4種】

・PINK
・star of luck
・APOLO
・dance of butterfly

という名前でいただいた種子です。

アデニウムは別名『砂漠の薔薇』と呼ばれている多肉植物で、
私も以前から皆さんの多肉BLOGでは拝見していました。
お花を見たい方はコチラ

北海道では、冬は気温が下がると葉が落ちてしまうので、
水をやらないで葉を落として春を待つか、
冬も暖かい部屋の窓辺で育てるか、という選択肢しかなく、
(温室がある方は別です)
ちょっと育てにくいので一般的じゃないと思います。

ホームセンターでも一瞬、見かけましたが、
あまり元気とは言えない状態の苗で、
花芽もしおれかかっている苗は誰も買わないですよね。

昨年秋頃、同じ道内に住む多肉の先輩から
「種子あるけど植えますかー?」と声をかけていただいたら、
ガゼン植える気満々になり(^-^;)
ふたつ返事で種子を分けていただいたのでした。

アデニウムは暖かい地方の植物なので、
こんな気温の低いうちに発芽させてよいのもなのか、
日光の当て具合やら、とにかく手探り実生スタートです。

種子の大きさは長辺1センチ以上あるものが殆どなので、
発芽したての苗も1センチ以上あって実生苗にしてはBIG!

4種とも4~5粒ずついただいたので、
保険で2~3粒ほど残そうか迷いましたが、
発芽率は良いと聞いていたので勇気を出して全部蒔きしました。

13日に播種して、17日には発芽中の種子も発見。
画像は播種から6日目で、種子殻がまだ付いていますので、
取れるものは撮影の後に取りました。

室温もまだ20度そこそこなので、底にシートヒータを敷き加温、
土はプロトリーフの実生用土です。(年々手抜きになります^^;)

追記:発芽までは蓋を閉めていましたが、大体発芽してきたら、
    蓋は半開きにして少し通風しています

コノやサボから比べると種子が大きいので、
それだけで安心感がありますが、初めての種類なので気は抜けません。

実生からだと上手に育てば、3年で花が咲くそうです。
可愛いトックリ型に、元気に育ちますように!

・・・参考のために記録・・・
外気温       最低6度-最高11度
実生床付近室温 最低16度-最高23度
実生床温度    最低21度-最高34度

090419-16_ade1.jpg
奥)PINK、手前)star of luck(2009/04/13播種:6日目)

090419_17_ade2.jpg
APOLO(2009/04/13播種:6日目)

090419_18_ade3.jpg
dance of butterfly(2009/04/13播種:6日目)
種まき2009


先週、13日にタネ蒔きしました~。
多肉・サボテン合わせて20種ほど。

・アデニウム4種
・パキポディウム2種
・サボテン3種
・アルブカ1種
・コノフィツム 10種

コノ以外は、発芽して苗が落ち着いたら、
移植することを前提として、実生床は「おにぎりパック」にしました。
フタがふっついているので開け閉めがラクかな、というのと、
フタがドーム状になっているので苗が2センチくらいになっても対応できるかな、
という勝手な予想で。
使ってみてダメだったら、次回また考えます。

コノ10種は、今回もともと小型種が多いのと、
秋までに、たいして大きくならないと予想して、
来年の春まで植え替えをしない前提で連結トレイで。

いっぺんにご紹介は大変なので、今回はパキポから。

【パキポディウム】

090419-14_pacy_bre.jpg
Pachypodium brevicaule/恵比寿笑い

090419-15_pacy_densi.jpg
Pachypodium densicaule/恵比寿大黒

今回の実生のメインキャストです

パキポディウム ブレビカウレ/恵比寿笑い
パキポディウム デンシカウレ/恵比寿大黒

発芽率が良さそうだったので10粒ずつ蒔いてみましたが、
ザンネンなことにえびす大黒の半数が蒔いてスグに黒カビにやられ、
画像にあるたった1苗だけの発芽です。

実生床との相性もあるのかもしれませんが、
もしかしたら種子が生きてなかったのかな、とも思います。
残りのタネから少しでも発芽してくれるといいですけど。

一方、恵比寿笑いの方はカビてはないですが、2~3個発芽中で、
画像のが一番成長が早い固体です。

種子はもみ殻つきお米を小さくしたサイズなので、
発芽苗も思ったより小さいです。

パキポディウムの実生は初めてなので、
どんな風に成長するのか、とっても楽しみです♪
トゲトゲ頭はいつごろ見られるんでしょうか(^-^)

パキポは暖かい地域の植物なので、
なるべく日当たりを良くして高温を心がけたいと思います。


アイロステラ 新玉


去年ホムセンで出会ってしまって、その時にレブチアブームだった私は、
ついつれて帰ってきてしまいました。

見た目、あまり可愛くはないですが・・・
去年の秋口、トゲがポロポロ抜けちゃって、ハゲちょびんになりましたが、
なんとかトゲは復活してくれたようです。

ところで、この新玉さんも、よーっく見ると花芽らしき赤いぽっちが♪
花芽は嬉しいですねー(^-^)

090408-4.jpg

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ ≪参加しています。タニサボの話題がたくさん!




春は忙しい
ここ数日、タニサボ作業に忙しくて、碁を打てていません。
上達のためには「1日1局!」と思うのですが、なかなか叶いませんねー。

帰りが遅かったり、家事がテンコモリだったり、
疲れていて脳がギブアップしていたり、週末はお酒のんじゃたり(^-^;)

さ、今日あたり打てるかなー。

碁が打てて、サボテンの花が咲いて、カメラを持って散歩して、
幸せ~♪

あ、も一個あった!痩せなきゃ・・・そろそろヨガ再開です。

スミレ丸のモコモコ


え、もういいって?

そう言わずにお付き合いください(^-^)

この子も去年、山城愛仙園さんから来ました。
もとからいたスミレ丸さんより大きくて届いてビックリ@@

このスミレ丸さんも花芽らしきものがポコポコと出ていて、
ウッカリな私は「あれ?去年からこんなの付いていた?」と思ったので、
画像を見返したら、モチロン去年は何も付いていませんでした。
やっぱりこの春に出てきたようです。

う~、スミレ丸の花、楽しみですー(>_<)無事に咲いてくれますように!
獅子王丸のモコモコ


いや、スッカリ出遅れてます、ワタシの気持ちが。

サボテン達は既に春を感じているんですねぇ、
冬モードから抜け出せないでいるのはワタシだけのようです(^-^;)
だって、まだ朝晩は寒かったんですもん、<いいわけ
でも、ここ2~3日は暖かいです♪

ふと、サボテンラックをチェックしてみたら、
アチコチでなにやらポコっと出ていたり、成長点が動き出していたり。

おお・・・ゴメンよ~(>_<)皆さんスッカリお目覚めなのね。
と、ひととおりに水やり完了!
鉢からは「じゅぅわわわぁ~」と音が聞こえ、
サボテン達の「のどがカラカラでしたよ」という声が聞こえてきそうでした。

まだ、気温は一桁~10度代ですが、室内の窓際は、
日が当たっているときはもう20度を超えているようです。

もう少ししたら、温室ラックを外に出せるかなぁ(^-^*)

画像は去年ウチに来た『獅子王丸』さん、花芽ですよね、コレ。
丸いモフモフがポコポコしていてカワイイ♪
トゲはすごいですけど、お花は綺麗なので楽しみですー。

あ、春の種まき、かなり遅れをとりましたが、
そろそろ蒔きたいと思ってます(^-^)v


にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ ≪参加しています。タニサボの話題がたくさん!




なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。