スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コノフィツム ウィッテ?

コノフィツム ミニマム(2009/04/13播種:約5ヶ月経過)

090902-6.jpg
コノフィツム ウィッテベルゲンセ(2009/04/13播種:約5ヶ月経過)

ミニマム系の模様が小さいながらも見えていて嬉しいので、
脱皮途中のウィッテベルゲンセまで載せてしまいました。

でもー、皆さんそろそろ脱皮完了しないとー、寒くなるよー。
他はぜんぜん脱皮が進まないのですが、蒔いた時期も
通常の秋蒔きとは違うので、どうなることやら。
脱皮した子と中に新球かかえたまま冬越す子が分かれちゃいそうです。

あ、水やりしない方が良いのだろうか?と思いつつ、
根が細いのであんまり水を切りたくないのよねぇ、悩む。
スポンサーサイト
ステファニーの寝ぐせ

コノフィツム ステファニー(2009/04/13播種:約5ヶ月経過)

こちらコノフィツム ステファニーさんですが、
ちょっとモケモケが濃い?のでしょうか。

脱皮で旧皮が付いていたので、そーっと取り除いたら、
なんだか「寝ぐせアタマ」のように見えますね。

この子もすごーい小さいので、
まだまだモケモケの感じはわかりませんー。

それにしてもステファニーってなんでこう生き残りが少ないのでしょう。

って私がヘタクソなだけか(^-^;)


コノフィツム ヒアンス
お久しぶりっ! な更新です、ヘヘ。

最近はだいぶ空気も乾燥してきて晴れ間がありますが、
この春から夏にかけては、晴れる日が少なくて、
多肉もサボテンも水遣りが大変でした(>_<)

「雨続いて湿度高いから水やり抑え目に」で気づいたらカラカラ。

「お!晴れそうだから水遣り♪」の後に4日も5日も雨続きでカビ発生。

おかげで小さい実生苗のいくつかは
乾燥やらカビやらで消えた子もチラホラ。

そんな中、こちらは比較的「日照最強スポット」に鎮座しているおかげか、
脱皮の後にオトナの顔を見せているものも発見。

090902-2.jpg
090902-3.jpg
コノフィツム ヒアンス(2009/04/13播種:約4ヶ月半経過)

確か二つとも種類は違うヒアンスのハズ(うろおぼえ)

とにかく小さいです、脱皮後でも2~3ミリくらいでしょうか。
画像で撮ってやっと詳細を確認できます、肉眼ではキビシイです。
それでもまさにヒアンスの雰囲気ありますよ~カワイイ♪

この子達が親となってコチャコチャ~☆っと群生するのは・・・
いつの日になるでしょうか、そんな日を夢見ています。
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。