スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手作り石けん
石けん生活を始めてかれこれ5年くらいになるでしょうか。

その頃はまだ『無添加純石けん』はどこのお店でも買えるということではなく、決まったお店にしか無いような状況でした。 だけれど、合成洗剤に含まれる成分が良くないということを知った時から、私の石けん生活は今日まで続いています。 ちなみに本サイトに『SOAP』というコンテンツがあったりします。

そんな中でエコロジーやスローライフの波で、手作り石けんブームが巻き起こり、ネットでもたくさん雑貨として販売されるようになりました。

石けん好きな私としては、石けん作りにすぐさま飛びついても良さそうなものでしたが、その工程に劇薬である苛性ソーダを使うということと、なんだか作っている人の話しによると「ガスが出るのでベランダでかき混ぜています」とか「目に染みて大変でした」とかいうのを聞くと、「なにもそこまでして製品的にも安定していない石けんを作らないでも・・・」と思っていたのです。 それに1個が100円から200円で買えるものですから、わざわざ薬局に印鑑を持って苛性ソーダを買いに行ったり、固まる前の強アルカリの石けんタネから身を守るべくゴム手やゴーグルをして作業をするということが、石けん作りにノリ気になれない原因でした。

が・・・・・

とうとう作ってしまいました、手作り石けんですよ、奥さん。


マルセイユ石けん+シアバター20
※スミマセン恐ろしく画像が粗いですね、自分でもビックリです(なのに撮り直す気がないヒト)

自分の意識の中では「いつか作るだろう」とは思っていたんです、作り続けるかは別として1度は作ってみたいというのもありましたし。 けど、石けん生活5年も続けた今になってその時がくるとはね。 自分でも可笑しいのですが。

発端は友達からの1本の電話から。

夏に一緒に行ったフリーマーケットで、コレも一緒に買った手作り石けんを彼女はいたく気に入った様子で。 「あのお店の石けんが欲しいのだけど、連絡先が判らないから買えないのよ。 ならば他のネットでイロイロ販売されている手作り石けんを買っても、同じように使えるようなものなの?」という質問の電話だったのです。

そんな電話を貰って、私も最近はどんな手作り石けんが売られているのかをチョット知りたくなって、手作り石けんを販売しているネットショップを少し見て廻っていたのです。

そしたらー、なんだか自分でも作りたい欲がムクムクと湧いてきて、気付いたらレシピとか作り方とかチェックして、道具の調達まで考えていましたから。

それで、初めて作ったのが上の画像の石けんです。 今回使ったのは『お風呂の楽しみネットストア』でも販売されている、オイルが配合されているパックをハンズから買ってきて作りました。 イロイロなオイルを個別に用意しても、もしかしたら2回目は無いかもしれないですし、まずは試しにお手軽版ということです。

初めてなうえに、本も買わずにネットからの情報だけで作ったのでイロイロ大変でしたけど、なんとか型出しから切り分けまでできて、あとは熟成を待つだけです。 昨日型から出したので、年末くらいには使ってみようと思っています。 むふふふ、楽しみ楽しみ。

ちなみに現段階では 『超たのしい!ハマリました!』 という感はまだなく。( ̄▽ ̄*) 作った石けんが「使える」と確認できてから、じんわりハマッテ行きそうな気配。 だってねまだ『自分で作ったモノでカラダや顔が洗える』という実感が無いしね、目の前で泡だつとカンドーでしょうねきっと。

とかなんとか言って来年は四六時中石けん作ってたら笑いますね。
Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
TrackBack
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。