スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピカピカ手帳
20050203155129.jpg
ホントは綺麗なブルーなの!

やっと手に入れました新しいシステム手帳、うふ。思い起こせば去年の夏ごろから探していたのだけど、やっと買えました。というか、この手帳は最初から見てはいたのだけど、大きいということと革が傷つきやすそうということで、買うのに躊躇していたのです。色は気に入っていたし、今年の風水カラーのブルーでもあるしね。まだまだ手に馴染まず、なんだかヒトのものを借りている感じは否めないのですが、そのうちしっくりきてくれるでしょう。毎日使う物だしね。
ところで、かれこれ去年の夏ごろから『手帳を持ち歩いて使う』ということを訓練しています。そう、訓練。それまでは手帳を持っていても『メモ程度』にしか使っていず、それほど忙しい毎日を送っているワケでもないので必要ないとさえ感じていました。が、『一冊の手帳で夢はかならずかなう』を読んでから、ちょっと考えが変わったというか、「手帳を持って使うということは時間を有意義に使うために必要なんだな」と思うようになりました。その本を読んでから手帳の使い方に興味を覚え、『ミリオネーゼの手帳術』も読みました。この2冊はなんとなく繋がる部分もありますが、後者の方がより気楽に読めましたね。
手帳を使うということに、少しでも関心のある方は読んでみては?

『一冊の手帳で夢は必ずかなう』 熊谷正寿:著
(熊谷氏のブログ クマガイコム

『ミリオネーゼの手帳術』 佐々木かをり:著

『ミリオネーゼ~』の佐々木かをりさんは、イーウーマンというサイトの運営会社の社長さんらしいのですが、彼女がサイト内で言っている人間関係についてだとか考え方についての内容って、なんとなーく私が以前読んで目からウロコが落ちた『7つの習慣』の内容に近いなぁと感じるのは気のせいかな。『Win-Win』なんて言葉もモロですし。きっと彼女も同じ本を読んで感銘を受けたのだろうと思うのだけど、まるでソレを自分の考えのように更に他者に説くというのは、どうなんでしょう?ソレもあり?
まぁ、それは置いといても、手帳の使い方は参考になったので、本は読んでよかったです。
Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
TrackBack
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。