スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
屋根工事

じつはこの冬、住んでいる借家はスガモリで大変なことに。

通常、ただ雪が積もっている時は大丈夫なのだけど、

たまに暖かい日なんかに軒先に氷や雪が残っていて、

融けた雪が流れ落ちない時、この時が大変。

 

屋根に空いているらしい穴から水が浸入し、

脱衣室の窓枠あたりからダツダツダツダツ・・・と結構よい勢いで

水が滴ってきたのです。

 

さすがに、見て見ないフリをするわけにもいかないので、

大家さんに連絡して屋根を直してもらうことに。

 

その工事が今週末から始まるらしく、工事会社の方から連絡があり、

家の近くに車を置いて欲しくないと言われる。

ええぇぇぇ・・・料理長(彼)は仕事には車で行っていないので、

日中は駐車スペースに置いてあるのに、いったいどこに持っていけばよいの?

確かに工事中に傷つけられるのも困るけど、

屋根直してもらうのに、そんなことまで気にしないとならないとは・・・。

しかも近隣のお宅にも挨拶に行かないとならないでしょー、この場合。

 

貸している家に何十万円も修繕費がかかる大家さんは大変だなぁと思っていたけど、

そんな家に住んでいる方もなにかと大変だとつくづく痛感。

持ち家も大変だけど、借家もナニカト大変ですトホホ。

 

*このエントリー『ubicast blogger』で書いてみています。

 しばらく変な表示になったらそのせいと思ってくださいまし、全く使い慣れていません。

Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
TrackBack
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。