スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
衣装きめ
060820.jpg
姪っ子はドレスが大好きで彼女の方が楽しそうでした


昨日はいよいよ衣装を決めてきました。

母と現地で待ち合わせしていたので10時に行ってみると、
5歳の姪っ子まで一緒に来ていました( ̄▽ ̄*)。
まだ幼稚園児なのできっと夜まで飽きちゃうだろうなぁと
心配に思いながらも、自ら来たいと言ってついてきたらしいので、
夜までガマンしてもらうしかないです。

結果的に打合せの時は少し飽きちゃったみたいだけど、
衣装を見ている時はサスガに女の子、
目をキラキラさせて楽しんでいたようです。

午前中は和装、お昼を食べて午後はスタジオ撮り用のドレスを選び、
和装は種類もさほどないのでワリとスンナリ決まり、
午後のドレス選びが大変でしたヨ・・・。
披露宴に着る訳でもないのに、結局12着も試着して、
やっと2着を決めました、ツカレタ。

挙式は教会ではなく神社でするので当然衣装は和装です。
ドレスは写真だけなのだけど、プロに撮影してもらうのだし、
後々残るものなので、実は披露宴に着るよりも大事と思うのです。

さらにドレスは1着で十分と思っていたのに、
なにやら申し込み時のキャンペーンで、
希望ならばもう1着きてもOKということなので、
お言葉に甘えてもう1着きることに、ハハ。

散々「面倒だ・・・」と言っておきながらも選ぶ時は真剣ですが、
コレは似合わないのを選んで悲しいことにならない為であって、
ドレス選びが楽しいのかというとそうでもなかったり。

だってね、ドレスは着てみないと似合うかどうか全く判らず、
自分の好みのがゼンゼン似合わなかったり、
逆にマッタク好みじゃないのにバッチリ似合ったり・・・。

帰りに料理長の「でも結構楽しかったでしょ?」という問いに、
「もう2度目はゴメンです」と答えたのでした。
夢が無くてスマンね。

これまで友人や身内が主役の結婚式を見ていた立場だったのに、
いざ自分達が主役の立場になるというのは、
なんだかシックリこないというか、オシリの座りが悪いというか。
つくづく庶民なんだなぁとヘンに実感しました( ̄▽ ̄*)。
Comment
ハイ、私もドレスは着るつもりありませんでした当初。 ただ、こういう機会はもう無いだろうし、若いうち(あまり若くもないけど ^^;)に写真撮っておくのも記念かなと。 一丁前にアルバム作ってもらう予定なので、今度お会いできる時にでも見てくださいー。
KAMA (URL) 2006/08/25 Fri [ Edit ]
私はドレスを着ないつもりだったのに、ちょっと見に行ってはまりました。何でもいいとか、ワンピースでいいとか言ってたのに、選び出すとなかなか決まらずどんどん試着して、イタリアレースのドレスにしちゃいました。友人に好評でしたけど。一生に1度のことだから。
blanc (URL) 2006/08/23 Wed [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する
 
TrackBack
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。