スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウシ半頭分
20040730_1315107.jpg
2004年7月作成のキーケース


2007年2月現在


ふと見比べてみたくて画像をひっぱりだしてみました。
2年半で結構くたっとなってるものですね。
毎日手にするものだと気づきにくいです。

いま自分のロングウォレットを計画中なのですが、
その他にも妹と母のお財布も作ることになっています。

で、ついに材料の革を『半裁』で注文してしまいました。

『半裁』とは、牛一頭分の革を背で左右に分割したサイズで、
通常はタタミ1畳分より大きいものらしいです。
まさか自分が半裁で革を買う日がくるとは
思いもしませんでしたから、なんだか『大人買い』の気分です。

これまでは『絶ち革』といって、
30センチ四方に裁断されている革で作っていたのですが、
絶ち革だと単価が高いのですよー、当たり前ですけど。
ヘタをしたら倍くらいの差があるので、
これからソコソコの量を使う予定がある身としては、
ここは半裁革を買っちゃおうかと。

それにしてもシルバークラフトといい、
このレザークラフトといい、
材料にお金がかかる趣味にばかり触手が動くのはナゼに?

Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。