スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハーフウォレット
 20070416232205.jpg
No.006 ハーフウォレット

仕事は相変わらず残業続きで、
頭も体もグタグタなのに、少しの時間を見て作っていました。
ある意味、ストレス発散のひとつかもしれません。

妹用のハーフウォレットです。
やっと完成!3週間くらいかかりました。

個人的に、札入れ部分は深いと使いにくいと思っているので、
その点とカード入れを最低3枚は並べて収納することを考えて、
このサイズで型紙を作ることになりました。

画像では見えにくいですが手前がカード入れで、
カード入れも更に下にポケットが付いていて、
そこにまとめてカードが5~10枚くらいは入るかもしれません。

小銭入れも中が見やすいように取り出しやすいように、
かなりパカッと開くようになっています。
始めはボックス型のものを一度つくったのですが、
サイズと仕様がダメだったのか、
小銭を入れて振るとカナリの確率で小銭が出てきてしまうのでした。
なので普通の『でかマチ付き』で製作し直しました。

今回、コンチョベルトで留めるタイプは初めてでしたので、
「ベルトの長さが足りるかな?」とか、
「コンチョ+ホックが上手く付けられるかな」など、
不安要素が最後まで付きまとっていました。

でも、出来上がってみたら、そこそこ納まったと思うので、
良かったです。

妹は今年厄年で、
母が「(妹に)ヘビ革のお財布をプレゼントしたいので、
お店で見ておいて」と私が言われていたのです。

お店のヘビ革財布はイマイチ格好良いのが無いし、
結構お高いのに中は合皮でスグに磨耗しそうですし。
ならば自分で作ってみようかしらと名乗り出たというワケです。

このハーフウォレットを作るために、まず自分のを練習として
前回製作したのです。

そしてどうやら依頼者である母本人も「私もヘビ革のお財布がほしいの」
と言うので、現在そのデザインを構想中です。

オットへのクリスマスプレゼント製作から始まって、去年の12月から
ウォレットばかり、次ので4個目ですから。
いくら材料が沢山あるとはいえ、革工職人のようです、最近。
それだけ、ウデも上達するといいのですけどね。
(あまり成果は出ていないかも、ぷぷ)

20070416232206.jpg
開くとこんなカンジ

Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。