スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リベンジ『とりハム』
DSC02018-s.jpg
SLEEPING TIME 鶏ムネ肉

以前のブログではエントリーしたのですが、とりハムとの出会いは衝撃でした。 なんてったって自分でハムがお手軽に作れてしまうのですからね。 あとから聞いたら、私のブログを読んでくれていた友人も「私も作ったよー」と言っていたのが楽しいです。 そしてまた作りたく・・・というか食べたくなったので、ただいまチルドルームにて寝かせ中デス、待ち遠しいのですこの期間が。

このとりハムのレシピはヨポポさんのブログで画像つきで紹介されています。 最近更新されていないようなので、もしそちらに繋がらなくなった時のために自分用メモ。

【とりハムの作り方】
用意するもの:
鶏ムネ肉2枚(1枚だと細いハムになるヨ)
ハチミツなど/塩コショウなど/ラップなど/たこ糸

1.鶏ムネ肉の皮を取り、ハチミツ(砂糖でもOK)をぬる。

2.クレイジーソルト(粗挽き味塩コショウなどでもOK)をまんべんなく擦り込み、ストックバックやラップに包んで冷蔵庫で2日間寝かす。

3.2日経ったら表面を洗い流して、ボウルに溜めた水に浸し1時間ほど塩抜きする。

4.2枚のムネ肉を合わせてたこ糸で棒状にきつめに縛り、さらにラップでぴちっと包んでさらにたこ糸で縛る。

5.鍋にお湯を沸かし、火を止めてからムネ肉を入れる。蓋をして自然に冷めるまで7~8時間放置。

6.完全に冷めたら鍋から取り出し、そのまままた冷蔵庫で半日寝かす。

さあ、これで食べられます。ウマウマ♪

と言いつつも、前回の出来には満足していず、今回こそ『うすピンク色のハムハム感』に仕上げたいものです。 あー早く食べたいっ!カラシ醤油で食べると美味しいのよコレが♪
Comment
>omoteサマ
はい、また作ってます懲りずに(^^;)
いくら前回「失敗だー」とは言え、自作ハムは完全無添加ですからモロにお肉の味がして、なにげに素朴で味わい深いのですよ。 クレイジーソルトをお持ちならば是非トライしてください!ゼンゼン面倒なことはないですから。 今回のは昨晩熱湯に入れ、今はクールダウン中なので結果報告しますねー。
kama (URL) 2005/03/11 Fri [ Edit ]
ぎゃぼーっ、また作ってるんですね、とりハム!!
これ、食べたいけど、自分で作る自信はないです。クレイジーソルトもあるんだけどなぁ。
『うすピンク色のハムハム感』、もぅ、よだれがジュルル…。
今回うまくいきましたら、kamaさんなりのコツを教えてくださいね。
引っ越しが終わったらやってみるかも~。
omote (URL) 2005/03/10 Thu [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する
 
TrackBack
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。