スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
植え替えを迷う

コノフィツム/ブルゲリ(2007/07/29蒔種)

画像は蒔種から半年のブルゲリ。
一番大きいので5ミリは超えているし、
この密集具合では成長に支障をきたしそうなので、
こんな時期に植え替えをしたい熱がフツフツと。

コノフィツムは4~5月から休眠期に入るものも多いようなので、
いまのうちに植え替えちゃえばなんとかなるかと思いつつ。
外は氷点下ですけど、家の中はさすがに氷点下にはならないので、
・・・どうしようか迷い中。

このちっさい苗を上手に植え替える自信は全く無く、
確実にダメにしてしまう苗も出るでしょうねぇ。
ああ、こんなにキレイなあめ玉をほじくる勇気がありません。

9センチ四方の鉢に100粒は多すぎましたね、(当たり前?)
まさかこんなに発芽してくれると思わなかったので、
嬉しい誤算でしたけど。
次は50粒くらいを限度に蒔くとします。

今年の種子リストが出ていて、もう輸入している方もいるみたいです。
私も去年に引き続き数種類購入予定ですが、
今年はリトープスはナシにして、コノフィツムだけでいくつもりです。

コノフィツムの多くは秋播きですが、去年の播種日は7月29日でした。
北海道では8月でもムレにさえ気をつければ、
むしろ涼しくなってしまう秋よりも
寒くなる前に少しでも成長させるという点では、
播種は晩夏が良いのかもと睨んでいます。

去年はリトープスはたくさん発芽してくれたけれど、
ブルゲリ以外のコノフィツムの残数が少ないので、
今年はもう少し研究が必要かも。

って、鉢の置き場所が確実に足りないので、
種を蒔く秋までにプランタースタンド探します。
Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。