スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タネが届きました

約8ヶ月目のカブト&ルリカブト(播種2007/07/12)

メサガーデンから多肉のタネが届きました。
今回は12種類。(コノ5・ギバ3・アルブカ3・サボ1)

サボは去年1個も発芽しなかったマミラリア/姫春星をリベンジ。
今年は春蒔きに挑戦してみようと思っていますので、
もうすぐタネマキ予定です。
サボ以外は夏の終わり頃に蒔く予定。

以前は「秋に蒔くタネを春に買っておくなんて、
みなさんなんて気の長い方々なの・・・」と思っていましたが、
結局自分も同じ事してますし、フフ。

秋に蒔くタネでも種子リストが発表になってスグじゃないと、
欲しい種類のタネが買えない場合があるので、
毎年タネマキしている人達はこぞって春に注文するのですね。

「今年はリトープスのタネは蒔かないゾ」と思って、
リトープスのタネは注文しなかったのだけど、
『深い鉢に播種して発芽当初からガシガシ日光に当てる作戦』
を実行したくなって、つい出来心でタネを追加注文してしまいました。

つい出来心の割にはリトープスだけで18種類も注文、
いえ、もう・・・さすがに来年は蒔かないとは思いますよ、たぶん・・・。
(全く自分の予想に自信が持てないですけど)

おまけに「せっかくだし」という理由をつけて、
ハオルチアとコノフィツムのタネも若干追加。

去年は初心者らしく?「種類少なく1種大量播種」で、
リトープスは1種類100粒のタネ蒔きをしたのですが、
追加注文分のリトープスは蒔きたい種類が多かったので、
仕方なく1種類のタネ数を少なく30~60粒に控えました。

去年はコノに限っては100粒蒔いても、
現在の生き残りが思いのほか少ないので、
今年もコノだけは100粒前後の注文にしています。

にしても、今年の晩夏にタネマキ予定は合計35種類。
蒔き床と冬の置き場所の確保が重要課題です。
Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。