スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春のタネ蒔き
20080316023.jpg
リトープス/麗虹玉
脱皮完了したようです、綺麗に脱げましたネ(^-^)



日曜は地道に土をザクザクとフルい、赤玉土細粒ができたので、
やっとタネ蒔きをしました。

今回はハオルチア2種、サボテン2種の計4種類。
初めての春巻き、モトイ『春蒔き』です。

ハオルチアは去年から播いてみたいな~と思っていたのだけど、
タネが手に入らなくて諦めていました。
今回、メサガーデンのリストにあったので早速注文。

・ボルシーvブラックベルディアナ(3836.56-bolusii v blackbeardiana)
・セミビバ(3946.12-semiviva)

本当はロックウッディーとピグマエアもオーダーしたのだけど、
入ってこなかったところを見ると品切れのようです。ザンネン(T-T)

届いた2種はもしかしたらハードル高い品種なのかもしれないけれど、
種別の難易度は全くわからないので、深く考えずに蒔きました。

プラパックに密閉して腰水
室内の窓際に配置、加温はナシ。

外はまだ雪が残っているけど、室内の最低気温は15度前後だし、
おそらく日中は20度位までは上がるだろうし。
様子をみてそれでも発芽が遅れるようなら少し加温するかも。

ハオルチアの実生はあまり高温だと発芽率が下がるようなことを、
どこかのBLOGで読んだので、ちょっと実験的に無加温にしています。

今回は20粒ずつしかないので、
1個でも多く発芽してほしいところですー。

Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。