スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図解?サボテン植え替え
最近、近くのホムセンに食指の動くサボテンが入荷されません。
ホムセンが仕入れているサボテン業者さんのネタが尽きたのか、
入荷する種類が代わり映えしないです、残念。
gremzのエコバッグ

このサボさんは仔がたくさん出ていて、初めは「キモッ」と思ったけれど、
アイロステラ属ということなので、群生したら楽しいかもと連れ帰りました。
変な仔吹きの仕方をしているのは、おそらく固められた土のせいと思われ。

で、ここで突然ですが、『公開!カチコチ土から救出作戦!』です。

サボテンマニアの方や経験者はスルーでお願いします。

あくまでも 「お店でサボテンが欲しくなって買っちゃったけど、
固まる土に植えてあって、でもコレって植え替えた方がよい?」

と思っているサボテン初心者さん向けエントリーです。
ヒマだねぇ、ワタシ( ̄▽ ̄*)

080727-10.jpg
1.土が浸るくらいで水かぬるま湯に鉢ごと10~20分ほど浸ける。

080727-11.jpg
土部分のアップ、意味ないか…

080727-12.jpg
2.土をホジホジしてみて柔らかくなっていたらサボテンを傷つけないように、
  外側から徐々に掘っていく。

080727-13.jpg
3.こんな様子で、使わない箸や竹串などがあるとやり易いかな。

080727-14.jpg
4.ある程度掘ったら、土を崩しながら苗を鉢から出す。
  無理に引っ張って根や苗を傷つけないように!大抵はホロっと出ると思います。

080727-19.jpg
5.乾いたらまた固まってしまうので、土は全て取り除く。

080727-15.jpg
6.浸けていた水であらかたの土を落とし、
  更に最後に流水ですすいだ方がよさそう。
  土を固めている糊が根に付いているかもしれないので。

080727-16.jpg
7.直射日光の当たらない明るい場所で4~5日乾燥させる。
  
080727-17.jpg
8.ハイ、自分の用土に植えました。
 土に植えたら、雨の当たらない明るい場所で1週間くらい置き、
 その後晴れが3~4日続くことを確認して、水やりします。

080727-18.jpg
なんか…上から見たらハゲてない?

コレって小学校とかの夏休み自由研究にできない?
画像を絵で描いて発表したら、結構ウケるかも!<ムリか・・・


以下は私が学習した『サボテン初心者向け栽培ポイント』です


☆サボテン初心者向け栽培ポイント☆

・サボテンの水やりは 『メリハリ水やり』
 =鉢中が完全に乾いてからタップリと

※サボテンに関しては「〇日おきに水やり」は通用しません
 鉢を持ってみる、竹串を挿して湿り具合を確認する
 どうしても〇日おきと決めて水やりしたい場合は、
 10日とか2週間とか長めのサイクルでどうぞ。
 でも、雨続きの10日と晴れ続きの10日では、
 鉢中の土の状況は全く違う、ということを念頭に!

・なるべく日光の当たる場所で育てる
 (たまに直射日光に弱い種類もあるので要確認)

・冬は水きり、寒さと日光に充分当てる



サボテンは育てるのが容易、と思われがちですが、
キチンと育てて花を咲かせようと思ったら、
水やりや置き場所や植え替えなど、結構タイヘンです。

単に少しくらい水やりを忘れても枯れないっていうだけで、
サボテンは強いからどんな環境でも育つのだろう、
と考えるのはナンセンス。

どんな植物も、育て方を知らなかったら、
徒長もするし枯れもするということですね。

サボテンに関していえば、世の多くの人々が
『育て方を知っているつもりでいる』 のでしょう。
現に、私もそうでしたσ( ̄、 ̄=)

Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。