スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実録!サボテン根出し
あ、いえね、特に『実録!』シリーズを続ける気はないのですが、
たまたま報告したい実験内容があったので、ゴロ合わせてみました。


gremzでエコマークつけてこグリムス
画像にあるサボテンは直径3センチほどのロフォフォラで、
6月に御一行様でやってきた子なのですが、
どうも根元がヘンなカタチをしているし、根もそんなに無いし、
ヘンにブヨってる気がして、腐れの確認もしたかったので、
思い切ってザクっと切って根だしをすることに。

それから3ヶ月・・・乾いた川砂の上に乗せておいても、
一向に根が出る気配もなく、ごらんの通り↓のキレイサッパリぶり。

080828-4.jpg

呑気な私もいい加減にシビレが切れて、遂に強攻作戦に出ました。

サボテンの水耕栽培はできることを知っていたので、
「ならば水に浸けてやったら根がでるんじゃない?」ナンテ、
安易な発想により、水差し根だしをやってみることに。
この苗は『小池緑濃~』という名前が付いていて、
将来有望なのだけど、まぁ失敗したら失敗したで(^-^;)

080828-5.jpg

用意したのは適当な小瓶とプラゴミから漁った容器をカットして、
穴をあけたプラ板のようなものです。
それで↑このように苗の下部だけ水につくように設置しました。

水に浸け始めたのが8/28ですから、
その10日後の様子はコチラ↓

080907-25.jpg

ニョキッと出ましたよ根がっ!!!

いやー、ビックリしました、3~4日前に見た時には、
まだ切り口が柔らかくなった風だけだったのに、
きっとこの数日でニョキニョキ出たのでしょう。

それにしても、3ヶ月も根が出なかったものが、
水に浸けて10日で根が出るなんて、どういうこと?

ロフォフォラだから成功した根だしなのかも知れないけれど、
カキコでも根が出にくい子もいるので、
そういう他の種類ででも、有効なのか試してみたくなりました。

何はともあれ、根が出てひと安心です(^-^)
早速、土に植えてシワシワから復活してもらわなければ♪

Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。