スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コノフィツム実生2007 13ヶ月

コノフィツム実生2007(2007/07播種:約13ヶ月)

去年、初めてのメセン実生をしたコノフィツム4種。
なんとか1年生となりました(^-^)
gremzでエコマークをつけてグリムス
が、ご覧のとおり、生き残り組みはとっても僅か。
最大の原因は日照不足と思われ、
今年の傾向と対策の材料となりました。

空間だらけの鉢の画像なんてなーんも面白くないですが、
1年生記念ということで、記録まで。

まず、数の少ない鉢から
080907-30.jpg 080803-34.jpg
calculus

恐ろしく小さいです、ぜんぜん大きくなりません。
右画像は1ヶ月ほど前の画像ですが、2~3ミリの世界です。

休眠期に土に水分があると、旧皮に黒カビが発生したので、
ソレが怖くて一時期断水したんです。
でも、こんな小さな苗だと断水はやっぱりキビシイようですね。
土を湿らせて休眠、となると通風がカギですが、
室内だとなかなか通風はムズカシイです。

そうなると、風通しが良くて雨が当たらず、温室じゃない場所、
となるとベランダ栽培って実はコノに向いているのかも、とも思ったり。

080907-31.jpg 080803-33.jpg
stephanii

コチラも3ミリ程度の苗です。
肉眼ではモケモケは確認できません、画像に撮って拡大すると見えます。
ステファニーは今年も懲りずに播きました。

080907-27.jpg 080803-32.jpg
ratum

途中までは調子よかったんですが、脱皮し始めの頃から、
徒長が激しくなり、明らかに日照不足と思われ。
『明るい日影』って自分の家ではどこに当たるのか、
まだまだ模索中。
もしかしたら室内なら、日光が弱まるので、
窓際で日に当たっても良いのでは?とも思ったり。

080907-26.jpg
burgeri

なんだかんだ言って、
去年のコノ実生では一番成績の良いブルゲリさん。
コチラも若干徒長気味なので、窓際のガラス越し時々日光あり、
で様子を見ています、室内の窓際ってムズカシイ・・・。

この4種は、先日既に植え替えました、初めての植え替えです。
根がほそーくて、弱々しかったので、まだまだカラカラ乾燥には、
耐えられそうに無いですねぇ。

春まではブルゲリの植え替え怖いっ(>_<)と思ってましたが、
やり始めるとそうでもなくてどんどん植え替える植え替える(^-^;)
植え替え後にダメになる苗もありそうなので、要観察中です。

植え替えたら鉢が少なくなるかな、という淡い期待はもろくも崩れ、
たった1鉢減っただけでした。
ヒトにあげるにも1年生じゃ小さすぎるしねぇ、
もうすこし大きくなって沢山残ってたら、それもできそうですけど。

ひとまず、コノの実生苗の植え替えが済んでサッパリしました。

Comment
>ユキさん
カルキュルス、大きくなったらカワイイはずですけど、
ウチでは絶滅危惧種ですので、なんとか大きくなって欲しいです。
ブルゲリは実生する分には全然『難物』でもないと思います。
かえって大きい苗ほどご機嫌取りが大変そうです(^-^;)

やっぱり室内だと空気の対流が弱いですからね、
カビも発生しやすいのでしょう。
今年の実生苗は置き場所を変えてみたので、
それでもダメなら外に放り出しちゃおうかと(^-^;)
KAMA (URL) 2008/09/13 Sat [ Edit ]
1歳、おめでとうございます☆
カルキュルス、何とか頑張ってくださいね!
そして、難物といわれるブルゲリさんがすごいですねw

前のコメントのお返事ですが、一時的に寒くなったときは室内の窓辺においていましたが、気温が戻ってきたので、雨が降って夜が寒くなければ遮光をしてベランダで栽培してます。
室内は空気に動きがないので確かにカビもあったかもしれないです。少し取りました。

ベランダに置き始めたら時間差で発芽するものが増えてきました。生長はバラバラです。

私も1歳を迎えられるように頑張ります♪
ユキ (URL) 2008/09/12 Fri [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する
 
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。