スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コノ実生2008 28日目
昨日、この秋初めてストーブ着けちゃいました、
私も風邪ぎみだったので、ヒサビサに温かくてウレシ。
gremzで植林活動
夕べから今朝の外気温は最低7度だったらしく、
そろそろサボさん達も中に入れないといけないかもしれません。

さて、今年コノフィツムは以下の5種類を播いたのですが、
下の3種はあまりに少ないので、苗床の全貌を撮る気になれず、
アップ画像だけ載せてます。


(2008/08/31播種:28日目)
0809stephanee2.jpg
C.stephanii ‘helmutii’
おなじみステファニーさん、去年も播いて3個くらい残ってますが、
50粒播いて3個って・・・ということでリベンジ播きです。
去年の種類とは違うタイプのステファニーさんです。
日光に当たりすぎなのか、気温が低すぎなのか、
だんだん赤く色づいてます、がんばれ。

0809phoeniceum1.jpg 0809phoeniceum2.jpg
C.phoeniceum SH1212
フォエニセウムという読みでよいのでしょうか。
多肉植物写真集で見て、是非とも実生してみたくて、
張り切って注文した種類です。
コノフィツムのオシリ族と呼べるほど、カワイイ形になる、ハズ。

0809concavum.jpg 0809vanheeldei.jpg
C.concavum SB1857      C.vanheerdei SB794
とにかく苗も小さいけど、少ない・・・少なすぎます。
日々恐る恐る覗いています、なんとか残ってほしい。

0809ficiforme.jpg
C.ficiforme
信じられないけど、この隅っこにいる1個だけしか残っていません。
隅っこにいながら、かなり大事に思われている幸せ者。

コノフィツムはリトープスよりも発芽が少ないです。

コノの成苗は直射日光よりも若干遮光ぎみに育てると言いますが、
実生苗はどこまで日光に当ててよいものやら。
去年の実生は日光少な目で成績がイマイチだったので、
今年は少し日光多めにしてみてます。

と言っても、ここは北海道すでに秋。
本州の皆さんよりはだーいぶ日照時間も短くて弱いんでしょうね。

Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。