スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サボテン種子収穫


見たことがない人にはコレが何か判りにくいですよね。
私も実物を見たのは初めてでしたから。

コレ、サボテンのタネ、というか種子房です。

右下の黒っぽい部分は花の枯れたあとですね、
サボテンに付いているうちに撮影しておくの忘れてました。

初めて自家採取できましたサボテンのタネ。

↓両親はこのサボテン達です↓
プシス3-4① 080716サブデヌダータ咲いた!
左:母苗でプシス交配種  右:父苗でエキノプシス属サブデヌダータ

母苗のプシス交配種さんは、根が出ていなかったので、
本当は交配なんてやってはいけないのだろうけど。
咲いた花を見たら、交配してみたくてねぇ。

つい練習がてら花粉つけをしてしまいました。
ら、ちゃんと結実!

交配をされる大先輩方にしてみたら、
せっかく綺麗な花+トゲの少ないボディーに交配された品種に、
なぜサブデヌダータを掛けるのか、とゲンナリされてしまうでしょうか。

今回はあくまで練習ですので、お許しいただきたいです。
できたこの種子はウチでヒッソリ播いて育てたいと思います。

結実から2ヶ月半くらい経った頃に、鉢を移動していたら、
自然にポロンと取れてきてよく見てみたら、画像のように、
表皮が裂けて中の種子が見えている状態でした。

で、ここからが大変・・・
サボテンの種子を果実から洗い出すのって大変なんですねぇ。

以前、トミーさんにメロカクタスの種子を譲っていただいて、
果実ごといただいたのでその時も種子を洗い出したのですが、
今回もナカナカ大変でした。

水に浸けて洗うまではよいのですが、
そこから種子だけを取り出す作業がね、
なんとかならんもんですか。
専用の「種子洗浄選別マシーン」が
私の知らないところで使われているのでは?
と疑ってしまうくらい、かなり大変でした、ハイ。

ま、でもそういう苦労もあっての実生なんだな、
ということを体験できましたし。
来年の種まき用の種子もできたのでヨシとしますか。

ところで、今年のサボテン実生は、
かなりの種類を播いたのですが、
惨敗です、もうビックリするくらい成績悪いです。
たぶん実生環境も原因ですが、コバエにもやられましたしね。
長角鉢3個に播いたはずが、今では1個に収まっています。

来年はスペースの関係でどれだけ播けるか判らないけど、
もう少し成績よくしたいものです。

Comment
>サボハニ~さん
サボテンの種子は果肉も混ざるので、
種子だけ取り出すのは至難の業ですよねぇ。
「真のサボテン実生はここから始まるのね」と
身に染みました、ハイ(^-^;)
KAMA (URL) 2008/11/04 Tue [ Edit ]
大変ですよね~!!

サボハニ~も、ピンセットで1粒ずつ拾っては洗っています。

正直、細かくて神経を使う作業ですよね;
なかなか時間がなくて、うちにもまだ洗ってやってない種がいっぱいあったりします
(^-^;)

種子洗浄選別マシーンがあるのなら、購入したいですね~(笑)
サボハニ~ (URL) 2008/11/02 Sun [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する
 
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。