スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セカンドオピニオン
たとえば、長く1つの病院にかかっている場合、他の病院でも診てもらいたいな、と思ったことはないでしょうか。 今回、正規にセカンドオピニオンの形を取ったわけではないのだけど、これまでかかっていた病院とは別の病院で診てもらうことにしたのです。 前の先生には直接会ってその旨を伝えていないので私としては卑怯かなと感じていますが、なかなかお世話になった先生に「別の病院に行きます」と面と向かっては言えないです、悪い先生ではなかったですし。

ただ、今後の治療方法などで疑問も生まれ、知り合いに相談してみたところ、前の先生が進める治療法だけではない方法もあるということを知り、別の先生に診てもらうことにしたのです。 前の先生にも、きっともっとよく相談したら、別の治療方法を選択できたのかもしれないですけど。 新しい先生は前の先生に手紙を書いてくださるということなので、私のこれまでの資料は前の病院から受け継げられるみたいです。

今回の私の場合は、きっとセカンドオピニオンではなくて、単なる転院ということになると思います。 セカンドオピニオンとは、主治医と相談のもとに他の医師からの第二の意見を聞き、それに基づいて治療方針を決めていく、ということが正規のセカンドオピニオンということみたいです。 

自分の体のことを第一に考えると、今回の選択は仕方の無いことだと自分に言い聞かせているところですが、なんとなくまるで男女間の浮気のようなそんな後ろめたさ(経験はないけど)を強く感じてしまうのです。 きっと前の先生にも私の考えたことは判ってもらえると思うけれど。

知り合いから聞くところによると、病院によっては「セカンドオピニオンの相談承ります」というふうにキチンと院内に提示している病院もあるそうで、「他の病院でも診てもらいたい」と言えば、快くそれまでの診察内容の資料を持って他の病院へ行かせてもらえるということです。 そういうことを快くできる先生は、ある程度自分の診察に自信があって、患者にも医師を選択する権利があるとオープンに考える先生でしょうか。 場合によっては自分の提案していない、他の先生が提案した治療方法で進めることになるかもしれないのです。 逆にいえば、そういう先生じゃないとセカンドオピニオンは受け入れられにくいでしょうし、まだまだ患者が医師を選ぶという時代は遠いのかもしれません。

そして私は、やっぱり浮気者のような罪悪感に苛まれる今日この頃。
Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
TrackBack
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。