スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続・速読トレーニング
引き続き、速読トレーニングがマイブームです。

私が今、トレーニングしているのは
クリエイトという会社のBTRメソッドという速読トレーニングです。

クリエイト BTRメソッドについて
速読についてBTRメソッドについて判りやすく説明されています


試験に受かる1日15分速読勉強法

試験に受かる1日15分速読勉強法

価格:1,365円(税込、送料別)



この本には7日分のトレーニングが紹介されていて、
今はやっと6日目が終ったところです。

このBTRメソッドは、
頭の「基礎体力・持久力」を鍛えるためのアスレチックジム、
とサイトでは紹介されています。

「認知視野の拡大」
「読書内容への集中」
「読書トレーニング」

速読はこのアスレチック的トレーニングをコツコツと続ける事で身につけることができる、
読書の基本的技術、なんですね。

日ごろ、本を読みなれてない人間にとって、早く読む事よりもまず、
活字への抵抗感を無くすことの方が先決です。

この活字への抵抗感こそが最大の敵なワケですが、
このBTRメソッドは、トレーニングをしているうちに、
徐々にその抵抗感が少なくなるようにプログラムされているようです。

私も実際に、3日目のトレーニングの後くらいから、
文章を読むことへの抵抗が少なくなった気がしています。

「活字への抵抗感が薄れた」 と文字に書くと簡単なことですが、
実はたったそれだけの事でも、自分の中では革命です☆
なにせ、新聞も本もスッと読み始められるんですよ、不思議と。

以前までは新聞も、関心のある見出しが目についた時くらいしか、
内容を読むことまではしなかったのですが、
今は時間さえあれば、隅から隅まで読みたいくらいです。

本もとにかく何でも読みたい。
以前は自分の興味のある分野のものしか読む気がありませんでしたが、
こちらも時間さえあればどんな分野の本も読みたい気分です。

とは言え。

まだ、たったの6日目のトレーニングが終ったばかりなので、
読む速度は普通以下、自分でも遅いなぁと感じています。

スクールでは、50回とか通ってトレーニングをするんですから、
まだまだ序の口、ですね。

私は本に載っているトレーニングをやっているだけですが、
7日目が終っても、また7日間トレーニングを繰り返して、
どれくらいまで伸ばせるか、やってみるつもりです。

BTRメソッドは、単に早く読む能力をつけるだけではなく、
トレーニングをしていくうちに集中力がつき、
内容を理解する情報処理能力も養われる、
というところが良いと思います。

歳とともに、集中力が薄れていく気がしていたので、
速読トレーニングをしつつ集中力もつくのは一石二鳥というものです。

なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。